現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. デジタル機器
  5. 記事
2012年4月10日7時9分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

うるさい場所でも音声認識、騒音引き算 NECが実用化

関連トピックス

図:正確に音声認識できる仕組み拡大正確に音声認識できる仕組み

写真:ボイスドゥの専用イヤホン。耳と口元部分にマイクが仕込まれている拡大ボイスドゥの専用イヤホン。耳と口元部分にマイクが仕込まれている

 NECは、工場や市場などうるさい場所でも正確に話し手の言葉を認識できる国内初の機器「ボイスドゥ」を今月下旬に売り出す。商品発注や在庫確認などでの利用を想定しており、商品名など事前に登録しておいた単語や数字なら、ほぼ100%判別できるという。

 口元と耳元の2カ所にマイクがある独自の無線イヤホンを使用。イヤホンで拾った音をパソコンか専用端末で分析し、文字にする。口元のマイクが捉えた音には話し手の声と周りの騒音が混じっているが、そこから耳元のマイクが捉えた騒音を「引き算」することで、声だけを取り出す。

 音声を認識する装置はほかにもあるが、近くの人との会話さえ聞き取りにくい70〜80デシベルの騒音の中でも95〜99%の確率で音声を認識できるのが売り。同様の商品が実用化されるのは初めてという。イヤホンと端末のセットで税別54万円。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介