現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事

マイクロソフトが無料のウイルス対策ソフトを公開(1/2ページ)

2009年11月5日

  • 筆者:斎藤幾郎・西田宗千佳

写真拡大画像1:セキュリティエッセンシャルズの公式ページ。なお、インストールすると、ビスタや7に付属のスパイウエア検知ソフト「Windows Defender」は機能が重複するため自動的に無効化される

写真拡大画像2:セキュリティエッセンシャルズの画面はシンプル。「ホーム」画面では現在の状況確認ができ、ハードディスク内のウイルスチェックを行う「今すぐスキャン」ボタンがある

写真拡大画像3:タスクバーの右側、タスクトレイ内に表示された緑色の旗つき工場のようなアイコンがセキュリティエッセンシャルズ。緑色+チェックマークは正常動作のしるし(画面はウィンドウズ7)

画像拡大画像4:設定画面。標準設定では、毎週日曜日午前2時にスキャンを実行するように指定されている

写真拡大画像5:マイクロソフトが調べた2008年7〜12月の各地域におけるウイルス(マルウエア)感染率。日本など緑の地域が一番低く、0〜2パーセント。赤の地域が一番高く、24〜30パーセント。(画像提供マイクロソフト)

マイクロソフトは9月末、ウィンドウズXP、ウィンドウズVista(ビスタ)、ウィンドウズ7(セブン)に対応したコンピューターウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」(マイクロソフト・セキュリティエッセンシャルズ)を公開しました。同社のウェブサイトから無償でダウンロードして使えます(画像1)。このソフトの概要と、登場の背景を説明しましょう。(斎藤幾郎)

シンプルな「ウイルス対策」のみを提供

 セキュリティエッセンシャルズは、「ウイルスを見つけて、除去する」というウイルス対策ソフトの基本機能のみを提供するソフトです。スパイウエア対策やウイルス対策機能の範囲で問題なく動作します。海外の第三者機関の承認も取っており、検知能力については及第点を取っているといえるでしょう。なお、偽のウェブサイトで個人情報を入力させる「フィッシング詐欺」や迷惑メール、インターネット経由であなたのパソコンに侵入しようとする「不正アクセス」に対応する機能はありません。

 一度インストールすればウィンドウズの動作中ずっと働き、ウイルスが動き出すのを見張ります。ずっと動かしておいても機能がシンプルなのでパソコンにあまり負担はかかりません。無償のソフトではありますが、広告が表示されることもありません。言い換えれば、「他の作業の邪魔をしない」ソフトです。

 すでに別のウイルス対策ソフトやウイルス対策を含んだ「総合セキュリティーソフト」を使っている場合はそれを使い続ければ良く、セキュリティエッセンシャルズを入れる必要はありません。それでもあえて入れ替えたいという場合は、既存のソフトを削除してから入れてください。

 実際のインストール作業ではいくつかの画面が表示されますが、特に設定はありません。順番に送っていけばよいでしょう。インストールの最後に、続けてウイルス情報の更新を行ってからスキャン(ウイルス検索)を行うとなっていますが、自動で行われるのは更新のみ。スキャンをしたい場合は、表示されるメーン画面を「ホーム」に切り替え、手動でスキャンをします(画像2)。初めてウイルス対策ソフトをインストールした状態なら、ウイルス付きのファイルがハードディスクに保存されていないかを調べるため、最低でも「クイックスキャン」をしておきましょう。

 セキュリティエッセンシャルズの動作中は画面右下の通知領域にアイコンが表示され、動作状況の確認とメーン画面の呼び出しができます(画像3)。設定画面もありますが、定期的なハードディスク内のチェック(標準は毎週日曜日午前2時)の日時を変えるぐらいしか変更の必要はないでしょう(画像4)。

 ウイルス情報の更新は逐次行われ、パソコンの電源を何日も切ったままにしていなければ、おおよそ最新の状態に保たれます。このあたりは、他社のウイルス対策ソフトと同じです。また、ウイルス情報のデータベースにないプログラムでも、ウイルス的にふるまうと動作を遮断する機能もあります。

 ですが、フィッシング詐欺や不正アクセスなど、もはやパソコンの危険は「ウイルス」だけにとどまらないのが現実です。最新のブラウザーやメールソフトなどを使うことで、こうした攻撃をある程度防げますが、万全ではありません。シマンテックやトレンドマイクロといった、セキュリティーソフトメーカーの製品の多くが、単なるウイルス対策ソフトではない「統合セキュリティーソフト」になっているのは、こうした現実に対応するためなのです。

 ではなぜ、マイクロソフトは今、シンプルなセキュリティエッセンシャルズを公開したのでしょうか。

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beで「デジタル若葉マーク」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「グーグル100%利用術」(同)、「てくの生活入門」(講談社、一部を担当)がある。新刊「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエーティブ)が3月19日に発売!

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの」(朝日新書)、「美学vs.実利『チーム久夛良木』対任天堂の総力戦15年史」(講談社)がある。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内