現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事

電子書籍の「黒船」 キンドルって何だ?(1/3ページ)

2009年11月12日

  • 筆者:斎藤幾郎・西田宗千佳

写真拡大画像1:キンドル国際版。価格は259ドル。大きさはA5判程度で、意外と小型。左右のボタンでページ送りを行う

写真拡大画像2:今は日本のアマゾンからリンクで飛び、米アマゾンで購入するようになっている

写真拡大画像3:(上)キンドルの包み。この箱のまま国際宅配便で送られてくる。非常にシンプルで「エコ」な感じのするパッケージだ。(下)キンドルの箱を開ける際の「タブ」に書かれた文字。「これから本を読むんですよ」という演出なのだろう

写真拡大画像4:初期出荷状態のキンドルには、このように「説明表示」が出ている。シールなどではなく、れっきとした「電子ペーパー」の表示。キンドルの特質を理解させる、面白い方法だ

写真拡大画像5:キンドルの文字を大きく表示。ドットなどが目立つことはなく、かなりなめらかな印象だ。標準の文字サイズは、ペーパーバックなどより少し小さめ、といったところだろうか

写真拡大画像6:キンドルで「ページ移動」をすると、画面全体が一瞬反転表示になり、それから次の画面に書き換わる。電子ペーパーの仕組みから来る制限だ。このため、動画表示のような「高速切り替え」は難しい

写真拡大画像7:キンドル向けに毎日新聞が提供している日刊英字新聞「The Mainichi Daily News」。月額13.99ドル

 10月、日本の出版界にちょっとした「黒船騒動」がありました。それが、米・アマゾンドットコムの電子書籍端末「Kindle」(キンドル)のアメリカ国外出荷開始です。10月末から日本国内にも届き始めており、筆者もその第一便を入手、2週間ほど利用しています(画像1)。

 キンドルはアメリカでは「電子書籍ビジネス」のリード役であり、日本にも今後大きな影響を与えると見られています。では、実のところどこがすごいのでしょうか? 今回アメリカ以外の国に向けて出荷が開始された、「キンドル国際版」を軸に、みていきましょう。(西田宗千佳)

販売元は米アマゾン、電子ペーパーを採用

 キンドルは、米・アマゾンドットコムが販売する電子書籍端末です。なので、購入は日本法人の通販サイト(http://www.amazon.co.jp)ではなく、「http://www.amazon.com」から行います。決済は基本的にクレジットカード。海外通販サイトからの個人輸入だ、と思うとわかりやすいでしょう(画像2)。

 申し込みと決済から数日後、A4サイズの分厚い書籍程度の大きさの箱がアメリカから届きます(画像3)。この中に、キンドルは入っているのです。意外に小さな箱で送られてくるので驚きました。箱を開ける際のタグの部分には、「Once upon a time...」(昔昔あるところに…)の文字が。本好きの心をくすぐるニクい仕掛けです。

 箱を開けてみるとさらにびっくりします。キンドルの画面には、いきなりなにかの画面が表示されているのです!(画像4) まさか、海外から電源が入りっぱなしで送られてきたのか……と思いたくなりますが、そうではないのです。この表示こそ、キンドルの特徴の一つなのです。

 一般的にデジタルデバイスでは「液晶」がディスプレーに使われます。ご存じのように、ほとんどの液晶は機器の電源が入っている時しか映りません。

 ですが、キンドルは違います。ディスプレーに「電子ペーパー」と呼ばれるデバイスを使っているためです。多くの電子ペーパーは、同じ画面を表示し続けるだけならば電力をほとんど消費しない、という特質を持っています。キンドルの電子ペーパーもそういった性質を持っています。ですから、アマゾンは出荷前に、「最初にやるべき接続」の図をわざとキンドルに出しっぱなしにして電源を切り、説明書代わりに使いつつ、「電子ペーパーというものの特徴」をユーザーに教えようとしていたわけです。

 本はパソコンや携帯の画面と違い、同じ文面を長く見続けることが多い媒体です。ですから、電子ペーパーのようなデバイスが向いています。事実、筆者がキンドルを使ってみた範囲では、後述する通信機能をオフにして使った場合、1週間、合計で20時間ほど読書をしても、本体のバッテリーは切れませんでした。アマゾン側は「通信をしないなら2週間程度動作する」とカタログなどでうたっています。A5サイズ程度、薄さ9ミリ強、重さ282グラムの機器とはとても思えないほどで、携帯電話やパソコンのバッテリー持続時間と比べても、とても驚くべき動作時間といえます。

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beで「デジタル若葉マーク」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「グーグル100%利用術」(同)、「てくの生活入門」(講談社、一部を担当)がある。新刊「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエーティブ)が3月19日に発売!

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの」(朝日新書)、「美学vs.実利『チーム久夛良木』対任天堂の総力戦15年史」(講談社)がある。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内