現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事

電子書籍の「黒船」 キンドルって何だ?(2/3ページ)

2009年11月12日

  • 筆者:斎藤幾郎・西田宗千佳

写真拡大画像1:キンドル国際版。価格は259ドル。大きさはA5判程度で、意外と小型。左右のボタンでページ送りを行う

写真拡大画像2:今は日本のアマゾンからリンクで飛び、米アマゾンで購入するようになっている

写真拡大画像3:(上)キンドルの包み。この箱のまま国際宅配便で送られてくる。非常にシンプルで「エコ」な感じのするパッケージだ。(下)キンドルの箱を開ける際の「タブ」に書かれた文字。「これから本を読むんですよ」という演出なのだろう

写真拡大画像4:初期出荷状態のキンドルには、このように「説明表示」が出ている。シールなどではなく、れっきとした「電子ペーパー」の表示。キンドルの特質を理解させる、面白い方法だ

写真拡大画像5:キンドルの文字を大きく表示。ドットなどが目立つことはなく、かなりなめらかな印象だ。標準の文字サイズは、ペーパーバックなどより少し小さめ、といったところだろうか

写真拡大画像6:キンドルで「ページ移動」をすると、画面全体が一瞬反転表示になり、それから次の画面に書き換わる。電子ペーパーの仕組みから来る制限だ。このため、動画表示のような「高速切り替え」は難しい

写真拡大画像7:キンドル向けに毎日新聞が提供している日刊英字新聞「The Mainichi Daily News」。月額13.99ドル

表示はなめらかで紙に近いが「英語のみ」

 では、表示の美しさはどうでしょうか? これがなかなかなのです。拡大してみても、文字はなめらかで、かなり読みやすくなっています(画像5)。バックライトはありませんが、コントラストも高く、光がある場所ならば、「くすんだ紙」といった感じの見栄えになります。文字サイズは6段階に変更可能で、小さな文字が見づらい人でも大丈夫です。

 ただし、ここでそろそろ説明しておかねばならないのですが、今回発売されたキンドル国際版では、表示できるのは「英語のみ」。日本語を含む他の言語には対応していません。ですから、「日本語版」ではなく「国際版」なのです。扱いとしては、あくまで「アメリカ国内で販売されている英語の電子書籍を、海外でも読める端末」です。なので今回は、日本語の表示についてはお見せできません。

 キンドル国際版で使われている電子ペーパーの解像度は、600×800ドット。携帯電話と比べてみると、日本語の表示は「かなりキレイにできるが、活字並みというには不満」というところです。また、表示はモノクロ16階調のみで、カラー表示には非対応。白黒の図版ならそこそこきれいに見られますが、それでも、マンガのような微細な表現がある図版をきれいに表示するには、まだ解像度が足りません。

 また、電子ペーパーには弱点もあります。電子ペーパーは表示に電力を使わない一方、液晶と違って「書き換え」に時間がかかります(画像6)。画像は、キンドルでページを送って画面を切り替えた瞬間のもの。次のページが表示されるまでは、0.5秒ほどの「暗転時間」があります。そのため、ページを頻繁に行ったり来たりするのは、あまり快適ではありません。「順に読み進めていく」ことが前提です。

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beで「デジタル若葉マーク」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「グーグル100%利用術」(同)、「てくの生活入門」(講談社、一部を担当)がある。新刊「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエーティブ)が3月19日に発売!

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの」(朝日新書)、「美学vs.実利『チーム久夛良木』対任天堂の総力戦15年史」(講談社)がある。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内