現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事

シャープとソニーの「国産電子書籍端末」は買いか待ちか?(2/3ページ)

2010年12月9日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

:画像1:シャープのメディアタブレット「GALAPAGOS」、5.5型モデル。片手で持てる、持ち運び重視モデル。雑誌や新聞を電車で読みたい人に。3万9800円(シャープ直販のみ)拡大画像1:シャープのメディアタブレット「GALAPAGOS」、5.5型モデル。片手で持てる、持ち運び重視モデル。雑誌や新聞を電車で読みたい人に。3万9800円(シャープ直販のみ)

写真:画像2:「GALAPAGOS」、10.8型モデル。持ち運びを重視しない家庭向けモデル。5万4800円(シャープ直販のみ)拡大画像2:「GALAPAGOS」、10.8型モデル。持ち運びを重視しない家庭向けモデル。5万4800円(シャープ直販のみ)

写真:画像3:ソニーリーダー・Pocket Edition「PRS−350」(実売価格2万円)。ディスプレーに5型の電子ペーパーを採用、大きさはほぼ文庫本と同じ。重量も155gと非常に軽い。バッテリーが2週間持つ点も魅力的拡大画像3:ソニーリーダー・Pocket Edition「PRS−350」(実売価格2万円)。ディスプレーに5型の電子ペーパーを採用、大きさはほぼ文庫本と同じ。重量も155gと非常に軽い。バッテリーが2週間持つ点も魅力的

写真:画像4:ソニーリーダー・Touch Edition「PRS−650」(実売価格2万5000円)。こちらは、ディスプレーに6型の電子ペーパーを採用、少し大きめ。いわゆる「自炊」向けには、こちらが最適拡大画像4:ソニーリーダー・Touch Edition「PRS−650」(実売価格2万5000円)。こちらは、ディスプレーに6型の電子ペーパーを採用、少し大きめ。いわゆる「自炊」向けには、こちらが最適

写真:画像5:GALAPAGOSのメーン画面となる「デスク」。購入した書籍が一覧表示される。新聞や雑誌などもこの中に自動的に「届く」ようになっている拡大画像5:GALAPAGOSのメーン画面となる「デスク」。購入した書籍が一覧表示される。新聞や雑誌などもこの中に自動的に「届く」ようになっている

新聞・雑誌に注力、将来的には映像配信も使える「GALAPAGOS」

 まずはシャープの「GALAPAGOS」をご紹介します。GALAPAGOSは、シャープが新しく立ち上げたネット連携家電事業のブランド名で、正確には電子書籍端末の名前ではありません。事実、ソフトバンクから発売予定の携帯電話でも、この愛称が使われています。ここで取り上げるのは、「メディアタブレット」と呼ばれる製品名としてのGALAPAGOSです。

 メディアタブレットとしてのGALAPAGOSは、まず「電子書籍端末」としてスタートします。OSには携帯電話にも使われるアンドロイドが使われているのですが、携帯電話などと違い、アプリを自由にインストールするような「汎用性」は備わっていません。そのためシャープも、公式には「いわゆるアンドロイド端末ではない」としています。そういった機能が欲しいなら、iPadやNTTドコモの「Galaxy Tab(ギャラクシー・タブ)」などを選ぶべきです。

 その理由は、シャープの狙いが汎用機を作ることではなく「電子書籍などのコンテンツを楽しむ機械」を作りたかったからです。一応ウェブブラウザーなども装備されていますが、どちらかといえばオマケ的な機能で、基本は電子書籍だと考えてください。

 GALAPAGOSを立ち上げると、まず表示されるのは「本棚」のような「デスク」と呼ばれるものです(画像5)。ここに、購入した電子書籍や雑誌が表示されるので、あとは選んで読んでいけばいい、という仕組みです。

 書籍の購入は、内蔵の無線LAN機能を介して行います。特にシャープが強調しているのが「定期刊行物」の配信です。GALAPAGOS向けには、スタート当初から日経新聞や毎日新聞(デジタル向けダイジェスト版)のほか、日経ビジネス・ダイヤモンドなどの雑誌を「購読」する機能が搭載されています。これらを有料購読すると、新聞なら毎朝、雑誌なら発売日に、無線LANを介してそれらのコンテンツが自動的にダウンロードされる仕組みです。ですから、朝出かける時に本体を持って出れば、電車の中で最新の情報が読める、ということになるわけです。日経新聞は月額4000円(すでに日経電子版を購読している人は無料)ですが、ほかの雑誌は1号330円から1200円で、半年まとめて購読した場合には割引もあります。もちろん、小説や実用書も販売され、こちらは210円から1470円程度で、トータルで3万冊程度のラインナップからスタートする予定です。

 GALAPAGOSには、5.5型液晶を使った「EB―W51GJ」(3万9800円、カラーはシルバーと赤)と10.8型液晶を使った「EB―WX1GJ―B」(5万4800円)の二種類があります。どちらも画面サイズ以外の機能に違いはほとんどありません。市販品に近い完成度の実機を触ってみた感想から言えば、5.5型モデルの方が動作が快適で、おすすめです。10.8型は家庭内で使うにはいいのですが、重量も765gと重いので、持ち運びには向きません。

 なお、現時点では電子書籍のみが提供されていますが、2011年春には、映画などの映像配信と音楽配信、ゲームの配信も行われる予定です。特に映画・音楽については、レンタルビデオチェーン「TSUTAYA」の運営元であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と提携し、コンテンツ調達を行うとしており、充実が期待できます。

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)、「iPad vs.キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏」(エンターブレイン)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介