現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事

シマンテックが「アンドロイド」用セキュリティーソフトを発売へ(3/3ページ)

2011年3月24日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:画像1:ノートン・モバイルセキュリティのパッケージ(左)。パソコン用のものよりかなり小さい拡大画像1:ノートン・モバイルセキュリティのパッケージ(左)。パソコン用のものよりかなり小さい

写真:画像2:ノートン・モバイルセキュリティのトップメニュー。ここから実行したい項目を選ぶ。アプリを実行しなくても、監視プログラム自体は背後で動いている拡大画像2:ノートン・モバイルセキュリティのトップメニュー。ここから実行したい項目を選ぶ。アプリを実行しなくても、監視プログラム自体は背後で動いている

写真:画像3:紛失・盗難についての設定画面。事前に設定したパスワード入りのメッセージをSMSで送ることで、ロックや削除を行う仕組みだ拡大画像3:紛失・盗難についての設定画面。事前に設定したパスワード入りのメッセージをSMSで送ることで、ロックや削除を行う仕組みだ

写真:画像4:ウイルスなどの「マルウエア」(悪質アプリ)対策の画面。必要に応じて自動スキャン(検査)が行われるが、手動で「今すぐスキャン」もできる拡大画像4:ウイルスなどの「マルウエア」(悪質アプリ)対策の画面。必要に応じて自動スキャン(検査)が行われるが、手動で「今すぐスキャン」もできる

写真:画像5:パスワードの書かれた黒いプラスチックのカードは説明書に張り付けられている。これしか入っていないので、パッケージはとても軽い拡大画像5:パスワードの書かれた黒いプラスチックのカードは説明書に張り付けられている。これしか入っていないので、パッケージはとても軽い

写真:画像6:アドレスを入力してダウンロードページを開き、名前とメールアドレスを入力するとアプリをダウンロードできる。ダウンロードしたファイルを手動で開くとインストールされる拡大画像6:アドレスを入力してダウンロードページを開き、名前とメールアドレスを入力するとアプリをダウンロードできる。ダウンロードしたファイルを手動で開くとインストールされる

「箱」を買ってから、「アプリ」をダウンロード

 ノートン・モバイルセキュリティのパッケージにアプリは入っていません。説明書と製品を有効化するパスワードが印刷されたカードが入っているだけです(画像5)。アプリはシマンテック社のウェブサイトからスマートフォンで直接ダウンロードしてインストールする仕組みを採用しています(画像6)。

 「箱売り」と「ダウンロード」を組み合わせることで、「店頭で買えるきちんとした製品である」という安心感と、スマートフォンへのインストールしやすさが両立しています。ただし、インストール前に、アンドロイドの設定を「提供元不明のアプリ」のインストールが可能なように変更しておく必要があります。

 セキュリティーの観点ではちょっとおかしな話ですが、アンドロイドで「アンドロイド・マーケット」を経由せずにアプリをインストールするには、この設定が必須なのです。今回ノートン・モバイルセキュリティのインストールにアンドロイド・マーケットは使われていません。確実に安全なアプリを配布するため、あえて自社サイトで配布しているのです。

 自社サイトを通じた配布は、アンドロイド・マーケットを利用できない端末にこのアプリをインストールできるというメリットもあります。タブレット型端末やメディアプレーヤーなど、スマートフォン以外でもアンドロイドの採用が広がっていますが、こうした端末には、アンドロイド・マーケットが利用できないものが多いのです。 携帯電話の機能がないと、「紛失・盗難対策」や「迷惑着信対策」の機能は使えませんが、「悪質アプリ対策」は有効です。

 シマンテックによると、アンドロイドのバージョンが合う端末なら、ノートン・モバイルセキュリティのインストールは可能なようです(ネット接続機能やウェブブラウザー経由でアプリのダウンロードとインストールができる機能は必要です)。 その代わり、シマンテックではすべての端末で動作試験をしていないため、こうした端末での動作保証はできないとしています。試すなら自己責任で、ということですね。

 スマートフォンにいろいろなセキュリティー機能を追加するノートン・モバイルセキュリティは、値段が手頃ですし、アンドロイド・スマートフォンの定番アプリになるかも知れません。最新バージョンのアンドロイド2.3や、タブレット端末用の同3.0などへの早期対応も期待したいところです。

   ◇

ノートン・モバイルセキュリティ製品情報(シマンテック)

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)、「iPad vs.キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏」(エンターブレイン)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介