現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事

日本で「クラウド型サービスは違法」は本当か? 福井健策弁護士に聞く「クラウド」と「著作権」(1/3ページ)

2011年5月26日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:今回お話を伺った、骨董通り法律事務所の福井健策弁護士。出版社や映画会社などの顧問弁護士も務める、著作権問題の専門家拡大今回お話を伺った、骨董通り法律事務所の福井健策弁護士。出版社や映画会社などの顧問弁護士も務める、著作権問題の専門家

写真:画像1:米Amazon.comが展開しているクラウド型音楽サービス「Amazon Cloud Player」。日本でのサービス展開は未定拡大画像1:米Amazon.comが展開しているクラウド型音楽サービス「Amazon Cloud Player」。日本でのサービス展開は未定

表:表:福井健策弁護士の話を元に、クラウドサービスの抱えるリスクを判断。○は適法、×は著作権侵害のリスクが大きい、△はグレーゾーンであり、単純に権利侵害とは判断しにくい事例、という判断。実際にはグレーゾーンが広く、事例により異なる拡大表:福井健策弁護士の話を元に、クラウドサービスの抱えるリスクを判断。○は適法、×は著作権侵害のリスクが大きい、△はグレーゾーンであり、単純に権利侵害とは判断しにくい事例、という判断。実際にはグレーゾーンが広く、事例により異なる

 海外では「クラウド」を使ったネットサービスが色々と登場しています。詳細は別途解説しますが、携帯電話やパソコン、家電など、好きな時に好きなコンテンツを楽しめる、便利なものです。ところが「日本ではこれらのサービスを運営するには、法的なリスクが大きく、日本ではクラウド系サービス、特に著作物の関わるものは難しい」との意見を耳にすることも少なくありません。

 世界的な潮流となりつつある「クラウド型サービス」は、本当に日本では「法律の問題でできない」のでしょうか? 知的財産権に詳しい、骨董通り法律事務所の福井健策弁護士に問題の本質を聞きました。(西田宗千佳)

クラウド型サービスが抱える「法的リスク」とは?

 まず最初に「クラウド系サービス」とはどんなものなのかを解説しておきましょう。

 俗にいうクラウドとは、正確には「クラウド・コンピューティング」のことです。おおざっぱに言えば、ネットワーク上にあるサーバーにデータやアプリケーションを置き、そこへパソコンや携帯電話からアクセスすることで、色々な機器・色々な場所で、同じサービスを利用できるようにしよう、というものです。

 例えばアメリカでは、先日次のようなサービスが始まりました。

 通販でおなじみのアマゾンは、アメリカ本社が運営するAmazon.comで「Amazon Cloud Player」というサービスを行っています(画像1)。これは、同社が運営する「Amazon Cloud Drive」を応用したもの。Cloud Driveはいわゆる「オンラインストレージ」で、自分のデータを同社内のサーバーに保存しておくサービスですが、Cloud Playerは、その中に蓄積した音楽データを、パソコンやスマートフォンから再生できるようにするものです。自分で持っている音楽をアップロードしてもいいですし、Amazon.comで購入したMP3データを直接Cloud Driveに保存して聞くこともできます。

 同様のサービスは複数の企業が行っていますし、アマゾン以外の大手、例えばグーグルも発表済みですし、アップルなども検討中であると言われています。

 それ以外にも広く捉えるなら「クラウド的」なサービスは数多くあります。YouTubeやニコニコ動画のような「動画共有サービス」もクラウド的ですし、ファイル交換サービスもクラウド的、といえなくもありません。ネットを活用するという点でいえば、録画番組を転送し、他の場所で楽しむサービスもクラウド的といえるかも知れません。また福井弁護士は、アップルやグーグルが展開しているスマートフォン向けのアプリケーションストアや、紙書籍をスキャンしてデータ化する作業を代行する「自炊代行」も、ごくごく広くいえば「クラウド的」、と指摘します。

 こういったサービスのうち、日本でのビジネスに「法的リスク」が存在するものはどれになるのでしょうか?

 福井弁護士は「日本の場合、これらすべてで、著作権的な論争が存在します。必然的に『著作者の許諾がないコンテンツが入り込む』余地のあるシステムだからです。かといって、著作権者すべてに許可を取れるか? といえば、手間やコストの問題で、それが難しいのも事実です」と話します。

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)、「iPad vs.キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏」(エンターブレイン)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介