現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事
2012年2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック

マックにもっと「iOSの良さ」を! 新OS X、10の新機能(1/3ページ)

筆者 斎藤幾郎・西田宗千佳

【動画】新OS X「Mountain Lion」プレビュー版(動画提供:アップル)※音声はありません

写真:画像1:OS X Mountain Lionのロゴ。今回はマウンテンライオン(ピューマ)が愛称となる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像1:OS X Mountain Lionのロゴ。今回はマウンテンライオン(ピューマ)が愛称となる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像2:iOSの「iMessage」と連携する「Messages」。iChatの後継となるアプリケーションで、iPhone、iPadなどとリアルタイムでのメッセージ交換を実現する(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像2:iOSの「iMessage」と連携する「Messages」。iChatの後継となるアプリケーションで、iPhone、iPadなどとリアルタイムでのメッセージ交換を実現する(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像3:新着メールや次の予定など、「通知」に関連する情報を表示する「Nortification Center」。iOSでは画面上から下に出てくるが、Mountain Lionでは画面右から現れる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像3:新着メールや次の予定など、「通知」に関連する情報を表示する「Nortification Center」。iOSでは画面上から下に出てくるが、Mountain Lionでは画面右から現れる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像4:Game Centerと、Mountain Lionで搭載された新APIを使うことで、iOSとマックの両方に用意されたゲームの場合、機種の違いを超えて対戦ができる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像4:Game Centerと、Mountain Lionで搭載された新APIを使うことで、iOSとマックの両方に用意されたゲームの場合、機種の違いを超えて対戦ができる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像5:Mountain Lionに組みこまれたTwitter連携機能を使い、見ているウェブの情報を簡単に「つぶやく」ことができる。下は画面を拡大表示したもの(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像5:Mountain Lionに組みこまれたTwitter連携機能を使い、見ているウェブの情報を簡単に「つぶやく」ことができる。下は画面を拡大表示したもの(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像6:Mountain Lionより、マックでも「AirPlayミラーリング」の利用が可能に。Apple TVと連携して、テレビへ簡単にマックの画面を表示できるようになる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像6:Mountain Lionより、マックでも「AirPlayミラーリング」の利用が可能に。Apple TVと連携して、テレビへ簡単にマックの画面を表示できるようになる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

 アップルは2月16日、同社のパソコン「マッキントッシュ」シリーズ用のOS「OS X」の最新バージョン「Mountain Lion」の概要を公開しました。完成版が一般に提供されるまではまだ時間がかかりそうですが、今回チェックできた「10の新機能」からは、マックの将来だけでなく、アップル製品全体が「今度どちらへ行こうとしているのか」も見えてきます。マックユーザーの方だけでなく、アップルに興味がある方にも必見です。Lionの動作を紹介するムービーも掲載しています。原稿にあわせ、こちらを見ていただけると、より理解が深まるはずです。(西田宗千佳)

【写真特集】新OS X「Mountain Lion」プレビュー版

iMessageとの互換機能搭載、通知も「iOSライク」に

 現在、マックOSのバージョンは「Lion」。発売されたのは昨年7月のことです。それからはたった7カ月しか経っていません。これまでマックOSは、2年程度の間隔でアップデートしていたわけですが、今回はより短い間隔でのアップデートとなります。愛称は「Mountain Lion」(画像1)。日本ではピューマ、と言った方が通りがいいでしょう。今回も、ネコ科の動物を愛称につける、という伝統は継続したことになります。バージョン番号は「10.8」です。

 今回触れることができたのは、開発者向けのプレビューバージョンです。そのため、最終的に出荷される際の、すべての機能を確認したわけではありません。また、動作するハードウエアの制限がどう変わったかについても、まだ情報はありません。しかし、大きな追加・変化が存在する10の機能については詳しく確認できましたので、それらについて解説していきます。画像についても、アップル側より提供を受けたものを利用して解説していますので、表示は英語となります。ご了承ください。

「OS X Lion」は、「マックにiPadで得られた知見を返す」という方針で開発されていました。「OS X Mountain Lion」は、その方針を引き継ぎ、さらに徹底したもの、といっていいでしょう。正確に言えば、iPadやiPhoneなどの「iOS機器の良さ」を盛り込む、といってもいいかと思います。

 そのもっともわかりやすい例は、「Messages」と「Notification Center」(iOSでの日本語表記に従えば「通知センター」)になるでしょう。

 iOS5以降には「iMessage」(画面上では「メッセージ」というアイコンで表示されています)という機能が組みこまれました。これは、携帯電話でいうところのSMS、MMS機能を統合しつつ、iOS機器同士ではもっと自由で便利な「ショートメッセージのやりとり」が可能になるものです。メッセージを入力するとすぐ相手に届き、写真などの添付もできます。また、メッセージを入力中かどうかも表示でわかります。対話の履歴はそのまま残るので、知り合いとはすぐにチャットできるようになっています。iPhone同士、iPad同士で使うなら、なかなか便利なものでした。

 でもこれまで、この機能はiOS同士のもので、マックを含むパソコンには対応していませんでした。これが、Mountain Lionでは変わります。これまでマックOSに付属していたチャットツール「iChat」がMessagesに置き換えられることになり、iMessageとの対話が可能になります(画像2)。ですから、iPhone、iPadの利用者と簡単にメッセージをやりとりできるようになるわけです。ビデオチャット機能「FaceTime」とも連携しているので、Messagesで対話している相手とワンタッチでビデオチャットに切り替える、ということもできるわけです。

 MessagesはiChatが進化したものなので、iChatがサポートしていたパソコン用のチャットサービス、具体的には iChat、AIM、Google Talkなども利用できます。他方、携帯電話系のメッセージング機能であるSMS、MMSには対応していないようです。なお、Messagesについては「ベータ版」という扱いで、Mountain Lionを待たずに、Lionのユーザー向けにも、本日2月16日から無償公開される予定となっています。あくまでテスト版ですから不具合の可能性もありますが、Mountain Lionのメリットを一足早く体験できることになります。

 iPhone、iPadの画面で、指を一番上から下へ滑らせると、灰色のウインドウが現れます。これが、iOS5から登場した「通知センター」です。新着のメールや電話の不在着信、次のスケジュールといった、利用者に「通知」されるべき情報がまとめて表示されます。Mountain Lionの「Notification Center」(画像3)も、これとまったく同じ考え方のものです。マックのタッチパッドの上で指を二本、右端から滑らせると、画面の右横から、iOSで見慣れた「通知センター」と同じ表示が現れます。ここにマックへの新着メールやスケジュール、Messagesの未読メッセージなどが表示されます。Lionからは、マックの画面全体を覆う「フルスクリーン表示」で動作するソフトが増えました。そういった使い方をしていると、新着のメッセージなどを見逃しやすくなりますが、Notification Centerはフルスクリーン表示でも同じように現れますので、問題はありません。

 また、これらの通知情報は、画面右上に四角いバナーの形での現れます。5秒後には自動的に消えるようになっているので、邪魔にはなりません。この通知の方法は、多くのマックユーザーが利用している通知用フリーウエア「Growl」に似た仕組みと考えていいでしょう。

 Mountain Lionに新たに搭載される新しいソフト「Reminder」「Notes」も、iOSから採り入れられたものといえます。そのものズバリの機能がiOSにもありますが、Mountain Lionに搭載される機能も、操作方法こそ若干マック向けにアレンジされているものの、見た目といい使い勝手といい、iOSのものとほぼ同じです。もちろん、データはiCloudで連携しますので、マックとiPhone、iPadの間で情報を共有できます。

 ゲームについても改善がなされます。iOSには、iOS用のゲームでいっしょに遊ぶ人を簡単に見つけたり、ゲームの進捗を公開したりするためのソーシャルネットワーク機能「Game Center」が搭載されているのですが、Mountain Lionにはこれも含まれることになりました。アカウントはiOSのそれと共有されますから、iPhoneのゲームで一緒に遊んだ人とマックでも遊ぶ、ということもできます。それどころか、ゲームメーカーが同じゲームをiOS用、マック用の両方で用意していて、そのどちらもがGame Centerに対応していると、iOS機器とマックの間で、機器の壁を越えていっしょに遊ぶこともできるようになります(画像4)。Mountain LionのGame Centerは、iOSのゲームとの連携を用意にする「Game Kit APIs」という仕組みも含まれます。これを活用することで、ゲームメーカーは両方に対応したゲームを作りやすくなるわけです。

 なお、この他の追加された新アプリや機能としては、中国語の入力を含む「中国語圏への対応強化」もありますが、日本にはさほど関係のない話ですので、ここでは割愛させていただきます。

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「形なきモノを売る時代 タブレット・スマートフォンが変える勝ち組、負け組」(ビジネスファミ通)、「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介