現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事
2012年2月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック

マックにもっと「iOSの良さ」を! 新OS X、10の新機能(2/3ページ)

筆者 斎藤幾郎・西田宗千佳

【動画】新OS X「Mountain Lion」プレビュー版(動画提供:アップル)※音声はありません

写真:画像1:OS X Mountain Lionのロゴ。今回はマウンテンライオン(ピューマ)が愛称となる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像1:OS X Mountain Lionのロゴ。今回はマウンテンライオン(ピューマ)が愛称となる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像2:iOSの「iMessage」と連携する「Messages」。iChatの後継となるアプリケーションで、iPhone、iPadなどとリアルタイムでのメッセージ交換を実現する(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像2:iOSの「iMessage」と連携する「Messages」。iChatの後継となるアプリケーションで、iPhone、iPadなどとリアルタイムでのメッセージ交換を実現する(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像3:新着メールや次の予定など、「通知」に関連する情報を表示する「Nortification Center」。iOSでは画面上から下に出てくるが、Mountain Lionでは画面右から現れる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像3:新着メールや次の予定など、「通知」に関連する情報を表示する「Nortification Center」。iOSでは画面上から下に出てくるが、Mountain Lionでは画面右から現れる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像4:Game Centerと、Mountain Lionで搭載された新APIを使うことで、iOSとマックの両方に用意されたゲームの場合、機種の違いを超えて対戦ができる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像4:Game Centerと、Mountain Lionで搭載された新APIを使うことで、iOSとマックの両方に用意されたゲームの場合、機種の違いを超えて対戦ができる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像5:Mountain Lionに組みこまれたTwitter連携機能を使い、見ているウェブの情報を簡単に「つぶやく」ことができる。下は画面を拡大表示したもの(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像5:Mountain Lionに組みこまれたTwitter連携機能を使い、見ているウェブの情報を簡単に「つぶやく」ことができる。下は画面を拡大表示したもの(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

写真:画像6:Mountain Lionより、マックでも「AirPlayミラーリング」の利用が可能に。Apple TVと連携して、テレビへ簡単にマックの画面を表示できるようになる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)拡大画像6:Mountain Lionより、マックでも「AirPlayミラーリング」の利用が可能に。Apple TVと連携して、テレビへ簡単にマックの画面を表示できるようになる(アップル提供。開発中のプレビューバージョン(英語版)の画像です。実際の製品とは異なる場合があります)

よりすすむiCloud連携、AirPlayミラーリングで「テレビ連携」が便利に

 iOSからマックへのフィードバックについては、よりOSのコア機能に近いところにも及んでいます。

 中でも特徴的なのが「iCloudとの連携」です。現在のマックOSでも、iCloudは「利用が前提」という作りになっていますが、Mountain Lionでは、よりそれが明確になります。セットアップ時にはiCloudのアカウントを入力スル画面が現れ、メールやMessages、カレンダー情報や文書ファイルの同期といった、iCloudが備える機能の設定を自動的に行うように変わります。もちろん、ここまで解説した各種機能も、すべてiCloudの存在を前提としたものです。

 この関係から、Mountain Lionでは、ファイル表示も変わります。iCloudに保存された文書(この機能を「Documets in the Cloud」と呼びます)をMountain Lionから見る場合には、従来の「ファイルとフォルダー」という見え方ではなく、iOSのアイコン表示に近いものに変わります。フォルダーという考え方がなく、アイコンを重ねるとグループになる、という点も、iOSのアプリアイコンと同じです。

 従来よりシンプルな表示になり、操作系がiOSに統一された……といえるわけですが、慣れ親しんだ操作とあまりに違うので、ちょっとびっくりしてしまう人の方が多いのではないでしょうか。現状、この操作系は「iCloud上の文書」に限定されており、ファイルウインドウ左上にある「iCloud」ボタンを押した時にだけ適用されるもので、自分のマックの中の文書(画面では「On My Mac」と表示されます)では、いままで通りの操作体系となります。すなわち、ファイル操作に関するすべての操作が置き換えられたわけではありません。

 今後2つの操作体系の関係がどうなるかはまだわかりません。ですが少なくとも、iOS機器とファイルをやりとりする場合には、この新しい操作体系が主になるでしょう。Documents in the Could機能によって、ファイルを簡単にiOS機器とやりとりすることができるようになりますが、他方、マックとの操作感の違いについては、軽々に統合するのは困る、と感じる人もいるのでは、と感じます。

 iOS5の良いところをOSにうまく採り入れたな、と思うのが「シェア機能」と「AirPlayミラーリング機能」です。

 Mountain Lionでは、ウェブブラウザー「Safari」やプレビュー、クイックルックなど、様々なアプリケーションに、四角から矢印が飛び出したような「シェア」ボタンが用意されます。これをクリックすると、現在表示中のもの(ウェブや写真、動画など)を、メールやMessages、Twitterなどに送信して「シェア」できます。例えば、いま見ているウェブをTwitterで知り合いに教えたい場合なら「シェア」ボタンを押して「Twitter」を選ぶと、そのページのアドレスが「クリップ」され、メッセージをつけて「つぶやく」ことができるわけです(画像5)。その他、近くのマックへLionから搭載された「AirDrop」機能を使ってファイルを送信したりもできます。TwitterのアカウントはOSの設定画面で入力しておくことになり、マック全体で使われることになります。iOS5にもTwitterが統合され、簡単に「つぶやく」ことができるようになりました。その延長線上として、Mountain Lionでは、Twitterを含めた「シェア」機能を搭載した、といえばいいでしょう。この機能はiOSのものと同じく、あくまで「自ら送信する」ためのものです。特にTwitterの場合、閲覧に別のソフトやウェブブラウザーが必要である、という状況は変わっていません。

「AirPlayミラーリング機能」は、筆者として、Mountain Lionのもっとも有望な新機能だと感じています。現在Phone 4SとiPad2では、別売の「Apple TV」と組み合わせることで、このAirPlayミラーリングが使えるようになっています。この機能は簡単に言えば、同じLANでつながれているiPhone 4Sなどの画面を、無線LANを経由してApple TVに転送し、Apple TVにつながったテレビにそのまま映す、というものです。それになんの意味が……と思われるかも知れません。でも、これがけっこう便利なのです。

 例えばゲームをする時、iPhoneやiPadでは、操作する指でどうしても画面が隠れてしまいます。しかし、AirPlayミラーリングならそんなことはありません。ちょっとコマ落ちもありますが、遅延などは意外と小さいものです。また、iPadに入っている資料や写真を他人に見せたい時にも、この機能を使えば、ワンタッチで簡単に、大画面テレビに映して見せることができます。しかも、この時ケーブルをつなぐ必要がないのがいいところです。

 Mountain Lionでは、この機能がマックにも搭載されます。iPhoneなどがそうであったように、マックの画面がApple TVを介して、そのまま表示されるのです。表示解像度は、Apple TVに合わせた720p。テレビ画面の上に、マックの画面をほぼいっぱいにうつし出すことができます(画像6)。

 マックの画面をそのまま写せるわけですから、これを使うと、プレゼンなどをテレビなどに簡単に表示できるだけでなく、マックで見ている写真や動画配信なども見られます。

 ワイヤレスでテレビに画像を映すという意味では、インテルもWindowsパソコン用に「WiDi」という規格を展開していますし、専用アダプターで同様のことを行っているものもあります。しかし、AirPlayミラーリングは、それらに比べても、画質や安定度、そしてなにより簡単さや手軽さの点で優位にあります。なにしろ、8800円で売られているApple TVを追加するだけでいいのですから。IPアドレスの設定など、複雑な設定も一切ありません。

 アップルはおそらく今後、AirPlayミラーリングを「基幹機能」の一つと位置づけ、様々な機器に搭載していくのでしょう。テレビとの各種スマート機器の連携、という意味で、アップルがAirPlayミラーリングの簡単さを重視するには、やはりそれなりの意図がある、と考えたくなってきます。

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「形なきモノを売る時代 タブレット・スマートフォンが変える勝ち組、負け組」(ビジネスファミ通)、「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介