現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事
2012年3月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック

「コンシューマー・プレビュー」で見る、次期「ウィンドウズ8」の大変化(1/4ページ)

筆者 斎藤幾郎・西田宗千佳

写真:画像1:ウィンドウズ8で作業の起点となる「スタート」画面。新しい「メトロスタイル」を採用しており、アプリの起動などが行える。従来の「スタートメニュー」が全画面表示になったと考えよう拡大画像1:ウィンドウズ8で作業の起点となる「スタート」画面。新しい「メトロスタイル」を採用しており、アプリの起動などが行える。従来の「スタートメニュー」が全画面表示になったと考えよう

写真:画像2:「メトロスタイル」のアプリは、メール、カレンダーなど多数が付属している。ブラウザーの「インターネット・エクスプローラー10」もメトロ表示で動作する(従来型の表示も可)。ページを全画面に表示するが、アドレス入力やタブ操作では上下に操作パネルが表示される拡大画像2:「メトロスタイル」のアプリは、メール、カレンダーなど多数が付属している。ブラウザーの「インターネット・エクスプローラー10」もメトロ表示で動作する(従来型の表示も可)。ページを全画面に表示するが、アドレス入力やタブ操作では上下に操作パネルが表示される

写真:画像3:マウスを左上隅から下に動かすと、直前に使っていたアプリのサムネールが順に並び、切り替えられる。画面左下に「スタート」のサムネールもある拡大画像3:マウスを左上隅から下に動かすと、直前に使っていたアプリのサムネールが順に並び、切り替えられる。画面左下に「スタート」のサムネールもある

写真:画像4:画面右に表示される「チャーム」。マウスを右上/右下に動かした時点ではアイコンが出るだけだが、ポインタを近づけると黒い背景と名称も表示される拡大画像4:画面右に表示される「チャーム」。マウスを右上/右下に動かした時点ではアイコンが出るだけだが、ポインタを近づけると黒い背景と名称も表示される

写真:画像5:なんだか落ち着く、ウィンドウズ8の「デスクトップ」表示。スタートボタンがないのに気付くと面食らうが、今後は「スタート画面」と「チャーム」を使うことになる拡大画像5:なんだか落ち着く、ウィンドウズ8の「デスクトップ」表示。スタートボタンがないのに気付くと面食らうが、今後は「スタート画面」と「チャーム」を使うことになる

写真:画像6:ファイル管理の「エクスプローラー」はリボンを採用。項目の並べ方にはかなり工夫の跡が見られる。自分がよく使う操作をチェックしよう拡大画像6:ファイル管理の「エクスプローラー」はリボンを採用。項目の並べ方にはかなり工夫の跡が見られる。自分がよく使う操作をチェックしよう

写真:画像7:画面を分割してアプリを表示できる「スナップ」。「メール」をスナップすると、件名の一覧や、選択したメッセージの本文を表示できる。境界線をドラッグすると2つの表示の大小を切り替えられるが、表示領域の幅は変更できない。「デスクトップ」をスナップするとウインドーのリストになる拡大画像7:画面を分割してアプリを表示できる「スナップ」。「メール」をスナップすると、件名の一覧や、選択したメッセージの本文を表示できる。境界線をドラッグすると2つの表示の大小を切り替えられるが、表示領域の幅は変更できない。「デスクトップ」をスナップするとウインドーのリストになる

 マイクロソフトは2月29日、パソコン用OS(基本ソフト)であるウィンドウズの次期バージョン、「Windows 8」の開発途上版「コンシューマ・プレビュー」を一般向けに公開しました。正式な製品版の登場は今年秋の見込みですが、一足先に新しいウィンドウズを体験できます。今回は、このコンシューマー・プレビューの中から、画面や操作で特に大きく変わる部分を見てみましょう。(斎藤幾郎)

操作を一新する「メトロ」

 今回公開された「ウィンドウズ8コンシューマー・プレビュー」は、開発途上の、いわゆる「ベータ版」に近いものです。マイクロソフトがあえて「コンシューマー・プレビュー(消費者向け内覧)」と名前を付けたのは、ウィンドウズ8で新しい機能や操作をいろいろ取り入れているため、製品版の発売前に一般のパソコンユーザーに試してもらい、あらかじめ「慣れておいてもらう」ことが一番の理由のように思われます。

 それというのも、ウィンドウズ8では、新たに「Metro(メトロ)スタイル」(以下、メトロ)と呼ばれる従来にない操作画面が採用されているためです。メトロは、マイクロソフトが次世代のユーザー・インターフェース(画面構成と操作ルールのこと)として注力しているもの。すでにスマートフォン用のOSである「Windows Phone(ウィンドウズ・フォン) 7.5」(国内ではauから端末が発売中)で採用されています。スマートフォンからゲーム機、パソコンまで、いろいろな機器にメトロの操作画面を搭載することで、共通性の高い操作環境を提供することを目指しています。

 そのメトロとは、どのようなものなのでしょうか。

 画像1は、ウィンドウズ8を起動し、ログインして最初に表示される「スタート画面」です。名前とアイコンが書かれた大小のタイルが並んでいて、右方向にスクロールできます。情報が表示されているタイルもあります。個々のタイルをクリックすると、画面全体を使ったソフトが起動します(画像2)。これらが、メトロの基本的な画面です。

 まるで、スマートフォンや、タブレット端末のホーム画面からアプリを起動しているかのようです。実際、画面のタッチ操作が可能なパソコンであれば、クリックの代わりに指のタッチが使えます。カーソルキー+エンターキーなどの組み合わせでも操作できます。メトロの目的のひとつは、キーボード、マウス、タッチ画面といった複数の入力装置で、それぞれ自然に操作ができるようにすることなのです。また、メトロで動作するソフトは専用のもので、スマートフォン等でなじみ深い「アプリ」と呼び、インターネットの「Store(ストア)」で直接購入、インストールできます。

 画面全体のデザインが、立体的な画像表現を控えた平面的な表示になっているのも特色です。これは、地下鉄の路線図のように、シンプルなビジュアルで効果的に情報を表示して、目的地(やりたい作業や得たい情報)に到達しやすくするというコンセプトのもと、意図的にそうしてあるのです。「メトロ」(地下鉄)の名前もこれにちなんだものです。

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「形なきモノを売る時代 タブレット・スマートフォンが変える勝ち組、負け組」(ビジネスファミ通)、「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介