現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事
2012年3月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック

劇的に見やすく・人に優しくなった「新iPad」をテストする(1/3ページ)

筆者 斎藤幾郎・西田宗千佳

写真:写真1:新iPad(第三世代iPad)。白と黒の2カラーがある(写真は白モデル)。デザイン・サイズはiPad2とほとんど変わっていない(撮影:中村宏)拡大写真1:新iPad(第三世代iPad)。白と黒の2カラーがある(写真は白モデル)。デザイン・サイズはiPad2とほとんど変わっていない(撮影:中村宏)

写真:画像1:新iPadでの文字表示。一見してなめらかになり、印刷物的な印象に変わった拡大画像1:新iPadでの文字表示。一見してなめらかになり、印刷物的な印象に変わった

写真:写真2:新iPad(左)とiPad2の表示を、同じ縮尺で拡大。これだけ密度が違うので、見た目の印象も大きく変わる(撮影:中村宏)拡大写真2:新iPad(左)とiPad2の表示を、同じ縮尺で拡大。これだけ密度が違うので、見た目の印象も大きく変わる(撮影:中村宏)

写真:画像2:新iPadでの「カメラ」撮影。高解像度の写真を表示しながら、親指でシャッターボタンを押して撮影する。かなり新鮮な感覚だ拡大画像2:新iPadでの「カメラ」撮影。高解像度の写真を表示しながら、親指でシャッターボタンを押して撮影する。かなり新鮮な感覚だ

写真:画像3:iOS版iPhoto(450円)。新iPadの他、iPad2やiPhone 4などで動作。写真整理・アルバム作成に加え、本格的写真加工にも対応拡大画像3:iOS版iPhoto(450円)。新iPadの他、iPad2やiPhone 4などで動作。写真整理・アルバム作成に加え、本格的写真加工にも対応

写真:写真3:新「Apple TV」(8800円)。デザイン・同梱品などは旧モデルと変わらず。性能はアップし、表示できる画像の解像度が1080Pになった(撮影:中村宏)拡大写真3:新「Apple TV」(8800円)。デザイン・同梱品などは旧モデルと変わらず。性能はアップし、表示できる画像の解像度が1080Pになった(撮影:中村宏)

写真:画像4:iPhone 4Sで、ついに日本語でも「Siri」が利用可能に。「明日の天気は?」と語りかけると、この画面のように答えてくれる拡大画像4:iPhone 4Sで、ついに日本語でも「Siri」が利用可能に。「明日の天気は?」と語りかけると、この画面のように答えてくれる

 3月8日(日本時間)、アップルがiPadの最新モデルを発表しました(写真1)。発売日は明日、3月16日。今回はいち早く、その製品レビューをお送りします。販売価格は、もっとも安価な16GB・Wi-Fiモデルで4万2800円から。通信プランの選び方などによって料金は異なるため、詳しくはアップルとソフトバンクのホームページをご参照ください。

 一見、既存の「iPad2」と同じデザインに見えますが、新iPadは、使い勝手において、タブレットとしてだけでなく、すべてのコンピューターの歴史上、きわめて重要な進化を遂げました。そしてそれは、特に日本人にとって「劇的」ともいえる進化だったのです。その価値はどのくらいのものなのでしょうか? 同時に発表されたiPad向けアプリケーションや「Apple TV」とあわせ、チェックしていきましょう。(西田宗千佳)

 なお、細かな操作画面・比較写真などは「フォトギャラリー」に集めました。そちらも併読していただけると、より内容がわかるようになっています。

【フォトギャラリー】新iPadレビュー

一度使ったら戻れない!! ついに「印刷レベル」になったディスプレー

 iPad初代モデルが発表されたのは2010年1月のこと。以来毎年モデルチェンジしてきて、今年の新製品は「第三世代」にあたります。製品名は「iPad」。広告などでは「新しいiPad」と表現されます。前モデルの製品名にあった数字がとれ、単に「iPad」と呼ばれるようになりました。これは、アップルがiPadを普遍的な商品にしたい、という意識をもっているためでしょう。同社の製品は、マックにしろiPod Touchにしろ、同じように、モデルナンバーなどの「発売時期を理解するための識別子」を採用していません。iPadもそういう存在に変えていくのでしょう。

 とはいえ、新製品と初代モデルが同じ名前ですと、ちょっとわかりづらいのも事実。本記事中では、新製品である第三世代モデルを「新iPad」と呼称します。

 新iPadは、みたところiPad2と大差ありません。ごくわずか(約0.5mm)厚くなり、カメラのレンズ径が変わっていたりしますが、じっくり見比べないと「外観」の差はわからないでしょう。重量も50g程度重くなっていますが、持ち比べて「なんとなく分かるかな」というレベルの差でしかありません。

 でも、新iPadとiPad2の差は「一目瞭然」なのです。なにしろ、ディスプレーの品質がまったく変わってしまったのですから。

 新iPadでは、初代iPad・iPad2に比べ、縦・横ともに解像度が2倍(2048×1536ドット)の新しいディスプレーパネルが採用されました。これによる文字表示・写真表示が……ちょっと言葉を失うくらい美しいのです。

 これまでもiPadの表示は美しいものでしたが、文字の縁にちょっとした「ギザギザ感」が残っていました。これはiPadに限りません。パソコンでも他のタブレットでも、どことなく「コンピューターの文字はギザギザ感があるもの」という印象があったのではないでしょうか。

 それが、新iPadではほとんどなくなります。印刷物を見ているような、シャッキリとした表示になるのです。同じ大きさの文字をiPad2と新iPadで見比べると、まるで目が良くなったような印象を受けるくらい違います。

 パソコンやiPadでは、印刷物に比べ文字を大きめに表示する場合がほとんど。特にウェブはそうでしょう。小さく表示する場合には、美しさ・読みやすさが犠牲になるのが一般的です。しかし、新iPadではそういう配慮が不要です。印刷物と同じ文字サイズにしても、同じように読めます。逆に文字サイズを大きくした場合には、縁がなめらかで、きわめて自然な表示になります。(画像1)

 なぜこうなるのか? それは、同じ面積の中に縦横2倍のドットが詰め込まれており、その中で「同じものをよりなめらかに」表示しているからです。

 ここで左の写真を見ていただきましょう。これは、新iPadとiPad2で同じ表示(GameCenterのアイコン)を同じサイズで表示し、カメラで拡大して撮影したものです。iPad2ではガクガクしているものが、新iPadではびっくりするくらいなめらかになっている、ということがよくわかると思います。(写真2)

 この変化が、使い勝手にどのような効果をもたらすのか? もちろん「劇的」な違いが出てきます。特に日本人にとってはさらに。アルファベット以上に細かく、精細な表現が必要となる「かな」と「漢字」を使う日本語にとっては、この解像度の違いが特に効いてくるのです。

 新iPadを横に持って電子書籍を読むと、まるで「文庫本を見開きで見る」ような感覚になります。iPad2までは解像度が足りず、縦持ちにして使うことが多かったのですが、新iPadでは横持ち・見開き表示でも、1ページ分(画面半分)の解像度は「iPad2を縦に持った時」より高くなり、快適です。

 ウェブが見やすくなるのはもちろんですが、日経新聞・産経新聞のようにiPad向けに「新聞紙面そのもの」を提供している電子新聞の場合、細かいところがつぶれず見られるため、おおまかな内容を見られるのがインパクト大。表示を現物で見ると、ほんとうに「目が良くなった」感じがします。

 地図は、特に高解像度化の恩恵を受けるコンテンツです。写真のクオリティーや線のなめらかさが大きく改善されるので、非常に見やすくなります。

 写真も同様に効果が高いです。iPad2は1024×768ドットと、そう解像度が高いわけではありませんでした。ですから写真のディテールは、拡大しないとわかりません。現在の1000万画素クラスのカメラで撮影した写真のディテールは、ほとんど生きてきませんでした。しかし新iPadでは、そこがしっかり見えてきます。拡大すれば、もちろんより細かい部分まで見えます。さらに、彩度が44%(アップル調べ)拡大し、鮮やかさ・色再現性が高まっている点も、写真では圧倒的なインパクトとなって感じられます。他方、視野角変化による色変化は若干大きくなったようですが、ほんの少しなので、多くの場合、気になることはないでしょう。圧倒的にメリットの方が上回っています。

 アップルは、新iPadのディスプレーを「Retina(レティーナ)ディスプレイ」と呼んでいます。現在iPhone 4Sに採用されているものと同じく、人間の網膜解像度を超える精細さを持つディスプレー、という意味合いです。iPhone 4やiPhone 4Sでレティーナディスプレーが採用された時も「きれいになった」と思いましたが、新iPadでの効果はそれ以上。やはりより「紙に近い大きさ」であるからこそ、印刷物に近づいたインパクトを強く感じるのでしょう。

 その印象は、なかなか写真では伝わりません。発売日以降に、実物をご自身の目で確かめてみることをお勧めします。今回は少しでもイメージをつかめるよう、新iPadの高解像度ディスプレーに合わせた画像と、iPad2の画像の両方を多めに用意し、フォトギャラリーに掲載しています。そちらもじっくり見ていただけると幸いです。

前ページ

  1. 1
  2. 2
  3. 3

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「形なきモノを売る時代 タブレット・スマートフォンが変える勝ち組、負け組」(ビジネスファミ通)、「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介