現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック
  5. 記事
2012年4月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

斎藤・西田のデジタルトレンド・チェック

月1000円以内で数千番組が見放題! イマドキの定額ネット配信はここまで進化(2/2ページ)

筆者 斎藤幾郎・西田宗千佳

写真:画像1:ハリウッド発の映画・ドラマを中心に見られる「Hulu」。利用料金は月額980円。コンテンツ提供元にテレビ東京が加わり、ラインナップがさらに強化された拡大画像1:ハリウッド発の映画・ドラマを中心に見られる「Hulu」。利用料金は月額980円。コンテンツ提供元にテレビ東京が加わり、ラインナップがさらに強化された

写真:画像2:バンダイが運営する「バンダイチャンネル」。同社が強いアニメを軸に、月額1000円で6000以上の番組が見放題。パソコン・タブレット・スマートフォンのウェブブラウザーから利用拡大画像2:バンダイが運営する「バンダイチャンネル」。同社が強いアニメを軸に、月額1000円で6000以上の番組が見放題。パソコン・タブレット・スマートフォンのウェブブラウザーから利用

写真:画像3:NHKの番組を見られる「NHKオンデマンド」。放送から2週間以内の番組が対象となる見逃し見放題パック」と、それ以降の番組から選ばれた番組が見られる「特選見放題パック」の2種類がある。それぞれ945円。パソコン・タブレット・スマートフォンのウェブブラウザーから利用拡大画像3:NHKの番組を見られる「NHKオンデマンド」。放送から2週間以内の番組が対象となる見逃し見放題パック」と、それ以降の番組から選ばれた番組が見られる「特選見放題パック」の2種類がある。それぞれ945円。パソコン・タブレット・スマートフォンのウェブブラウザーから利用

洋画・ドラマのHulu、アニメのバンダイチャンネル、NHK番組のNHKオンデマンド

 この主のサービスは日本にもいくつかありますが、今回は、Huluも含め3つをご紹介しておきます。

 Huluの特徴は、すでに述べたように「映画やドラマ」が豊富なことです。日本のものも増えていますが、やはり魅力はハリウッドの作品。特にお勧めは、映画以上に「ドラマ」です。「24」や「HEROES」、「LOST」に「CSIシリーズ」と、著名なドラマが数多く用意されています。DVDレンタルでも全話見ると相当な額になりますが、見放題なのでかなりお得に見られます。残念ながら、番組の多くは字幕で提供されていて、吹き替えではありません。これはコンテンツ提供側の方針によるものだそうです。ですが今後、吹き替えもふやしていきたい、と運営側は説明しています。今回紹介するサービスの中でも、対応機種はもっとも多彩です。他方、契約にはクレジットカードが必要なので、その点は少々敷居が高いと言えます。パソコンではウェブブラウザーを、その他の機器では専用ソフト(機器に組みこまれていない場合、無料でダウンロードできます)で視聴するようになっています。

 より絞り込んだ番組、特にアニメを見たい人にお勧めなのが「バンダイチャンネル」です。バンダイチャンネルは月額1000円で、常時6000話以上のアニメを中心とした番組が見放題になるサービスです。元々は無料での「見逃し番組配信」と有料での単品レンタルを基本としていましたが、2011年7月より月額固定による定額視聴サービスを始めました。「ガンダム」で知られるバンダイ傘下のアニメ制作会社・サンライズの作品を中心に、マニアックなものから過去の名作まで、大量の作品が見られます。Huluと違い、現在、テレビやゲーム機では見放題サービスを利用できません。しかし、各種スマートフォンやタブレット、パソコンなどでは利用可能です。専用ソフトは利用せず、ウェブブラウザーを経由して視聴します。テレビで見たい場合には、これらの機器をHDMIケーブルなどでテレビに接続して視聴しましょう。また見放題対象の番組については、作品が定期的に少しずつ入れ替わります。ある日、いままで見られた番組が観れなくなっている……ということもあるので、公開期限にはご注意を。また今回紹介するサービスでは唯一、携帯電話網を使った視聴に対応していません。なめらかさ・画質・通信コストなどの点を考えると、この種のサービスは家庭やオフィス、ホテルなどの無線LANを使って視聴するもの、と思った方がいいでしょう。

 NHKの番組については、「NHKオンデマンド」の「見放題コース」を使うことで、月額945円で見放題になります。放送から2週間以内の番組は「見逃し見放題パック」、放送から時間が経過した約4000の番組が見られる「特選見放題パック」の2つがあり、見たい方を選んで契約します。視聴にはバンダイチャンネルと同様、ウェブブラウザーを利用し、特別なソフトは使いません。テレビにもNHKオンデマンドは専用サービスを用意していますが、パソコン・タブレット・スマートフォン用とは別のサービスになっていて、別途利用料を支払う必要があります。1アカウントで見たい場合、バンダイチャンネル同様、テレビにスマートフォンなどをつないで使うのがいいでしょう。なおHuluと違い、視聴位置を自動的に記録しておく機能はありません。

 現状、画質においても使い勝手においても、Huluは他のサービスより一歩先んじていると言えます。他方、日本語の、普段テレビで見ているコンテンツの量にこだわるなら、バンダイチャンネルやNHKオンデマンドに軍配があがります。

 これからは同様のサービスはもっと増えると予想されますが、まずはこの3つのサービスを通じ、「好きな番組を自由に見られる世界」を体験してみてください。

   ◇

Hulu(フールージャパン) http://www.hulu.co.jp

バンダイチャンネル(バンダイチャンネル) http://www.b-ch.com

NHKオンデマンド(日本放送協会) http://www.nhk-ondemand.jp/

前ページ

  1. 1
  2. 2

次ページ

プロフィール

斎藤幾郎(さいとう・いくお)

1969年東京都生まれ。主に初心者向けのデジタル記事を執筆。朝日新聞土曜版beの「てくの生活入門」に寄稿する傍ら、日経BP社のウェブサイト日経PC Onlineにて「サイトーの[独断]場」を連載中。近著に「パソコンで困ったときに開く本」(朝日新聞出版)、「すごく使える!超グーグル術」(ソフトバンククリエイティブ)などがある。

西田宗千佳(にしだ・むねちか)

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは「電気かデータが流れるもの全般」。朝日新聞、アエラ(朝日新聞出版)、AV Watch(インプレス)などに寄稿。近著に「形なきモノを売る時代 タブレット・スマートフォンが変える勝ち組、負け組」(エンターブレイン)、「メイドインジャパンとiPad、どこが違う? 世界で勝てるデジタル家電」(朝日新書)がある。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介