ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  デジタル > ネット・ウイルス記事

「靖国速報」開くと情報流出の恐れ 国職員に不審メール

2006年08月19日

 小泉純一郎首相が靖国神社に参拝した15日以降、「小泉首相の靖国神社参拝速報」と題した文書が添付された不審なメールが中央省庁職員に送り付けられていることが18日、分かった。

 添付された文書を開くと、メールに仕組まれたスパイウエアが作動し、受信したパソコンに保存された情報が外部に流出する恐れがあるという。内閣官房情報セキュリティーセンターは、機密情報が流出する可能性もあるとみて、各省庁に注意を呼び掛けている。(時事)


この記事の関連情報

ネット・ウイルス記事一覧

サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.