現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. 携帯電話
  5. 記事
2012年3月31日13時20分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ドコモの「ムーバ」31日で終了 4月からは解約扱い

関連トピックス

写真:ムーバで人気が高かった2003年9月発売の「らくらくホン3(F672i)」拡大ムーバで人気が高かった2003年9月発売の「らくらくホン3(F672i)」

写真:1993年3月に発売された「デジタル・ムーバ」拡大1993年3月に発売された「デジタル・ムーバ」

 NTTドコモの第2世代携帯電話サービス「mova(ムーバ)」が31日限りで終了する。現在主力の第3世代携帯「FOMA(フォーマ)」を含む全契約の0.3%にあたる約20万契約が29日時点で残るが、4月1日からは解約した扱いになり、電話もメールも使えなくなる。

 ムーバの契約は昨年3月末には約124万件あったが、ドコモが利用者に個別に電話をかけ、新しい携帯電話への交換を無料にするなどしてFOMAへの乗り換えを勧めてきた。

 前身のNTT移動通信網時代の1993年に始まったムーバは通信方式がアナログからデジタルになった。通話が聞き取りやすくなり、99年からはネット接続や電子メールができる「iモード」も導入され、携帯電話の普及が加速した際の「主役」がムーバだった。ムーバ開始時に約130万件だったドコモの契約数は、03年8月にはムーバだけで約4440万件に達した。

購読されている方は、続きをご覧いただけます

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介