現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. デジタル
  4. クラウド・コンピューティング特集
  5. 関連ニュース
  6. 記事

自宅がデータセンターに? 新型クラウド機器「ポゴプラグ」

2011年2月2日

 米ITベンチャーのクラウドエンジンズ社とソフトバンクBBは2日、新発想の個人向けクラウドデバイス「ポゴプラグ(Pogoplug)」を発表した。4日から家電量販店などで発売する。自宅でルーターに接続すれば、ハードディスクなどに保存したデータをインターネット経由で外出先から閲覧したり、他人と共有したりできる。いわばオンラインストレージの「自宅版」だ。(アサヒ・コム編集部 藤坂樹理)

 ポゴプラグ自体に記憶装置はついておらず、4つあるUSBポートに外付けハードディスクやUSBメモリー、SDカードリーダーなどを取り付ける。このポゴプラグをルーターに接続すれば、クラウドエンジンズ社のサーバー経由で外出先のパソコンやスマートフォンなどからデータにアクセスできる。

 クラウド型のストレージサービスは事業者のサーバーにデータを保存するのが一般的だが、ポゴプラグの場合、同社のサーバーはアクセスの仲介をしているだけ。データが保存されているのはあくまで個人所有の記憶媒体だ。ストレージ利用料金がかからず、サーバーの障害でデータが消えるといった心配がないという。USBにつなぐ記憶媒体を変えればよいため、データ容量は無限ともいえる。

 「自宅がデータセンターになります。これこそがパーソナルクラウドのデバイス」と、ダニエル・プッターマン同社CEOは強調する。「iPhoneを初めて買った時、メモリーが8GBしかなく、一方で大容量のオンラインストレージは1000ドルもした。iPhoneで1TBのメモリを安く使いたいと思った」と、開発のきっかけを話した。

 同社が存続しなくなったらサービスはどうなるのか、という質問に対しては、「他のクラウドサービスと違い、データ自体はユーザーの自宅に残っている。ソフトウエアのソースコードも、万一の時にはすべて公開すると宣言している」と答えた。

 ただ、自宅のストレージが破損したらデータが消える危険があるのは当然。サーバー型のサービスには、ハードの堅牢性などでメリットもある。

 オープン価格だが、店頭価格は9800円程度を予想しているという。売り切りの商品で、製品を購入すれば利用料金などは不要。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介