現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

海と空とスイセン 500万本満開、淡路島

2009年1月13日23時3分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真見頃を迎え、斜面いっぱいに広がったスイセンの花=兵庫県南あわじ市、西畑志朗撮影

 淡路島南部にある灘黒岩水仙郷(兵庫県南あわじ市)で、約500万本のニホンスイセンが見頃を迎えた。今月末まで楽しめるという。

 国内有数の自生地として知られ、海岸沿いの斜面約7ヘクタールでかれんな花を咲かせている。天候に恵まれて例年より15〜20日早く開花。全国から訪れた観光客が遊歩道を歩きながら、花の甘い香りをかいだり、写真を撮ったりしている。

 水仙郷の中村義光・総支配人(81)は「昨夏が暑かったためか、例年より2割ほど花が多い。斜面から見下ろす花と海のコントラストを楽しんでほしい」と話している。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内