現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(市民・行政)
  4. 記事

邪馬台国見つかるか 奈良・纒向遺跡中心部を再調査へ

2009年1月31日17時30分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真邪馬台国の有力候補地とされる纒向遺跡一帯。中央左は箸墓古墳=奈良県桜井市、本社ヘリから

地図拡大  

図拡大  

 邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡(2世紀末〜4世紀初め)で、中心部の発掘調査を2月から始めると、市教委が30日発表した。約30年前に神殿状の建物跡の一部が見つかっており、周辺に大規模な宮殿が造営されていたとみて再調査する。財政難の中、ふるさと納税で全国の考古学ファンにも調査費の寄付の協力を呼びかけている。「邪馬台国畿内説」の決定打が見つかるか、注目される。

 纒向遺跡は南北1.5キロ、東西2キロ。卑弥呼の墓との説がある国内最古級で大規模な箸墓(はしはか)古墳(3世紀中ごろ〜後半、全長約280メートル)など計6基の前方後円墳がある。その後各地に同型の古墳が広がったとして、「前方後円墳発祥の地」とされる。

 1978年の奈良県立橿原考古学研究所の調査では、正殿とみられる掘っ立て柱建物(縦4.4メートル、横5.3メートル、3世紀初め〜中ごろ)と、脇殿(縦1.8メートル、横1.6メートル、同)の建物跡各1棟が出土。柵(さく)の跡も一部見つかった。この時は、駐車場建設などの開発に先立つ緊急調査で対象地が限られていた。その後、開発が進まなかったことから、所有者に要請し、遺跡内の集落跡では初の本格的な調査に乗り出すことにした。

 神殿状建物跡の周辺約450平方メートルを3月末まで発掘する。調査費は約400万円。4月以降は成果を踏まえて区域を広げる。今後、数年かけて中心部の全体像を探る方針だ。遺跡の調査は71年以降160回実施しているが、開発に伴う緊急のものが主で、これまでは部分的にしか発掘されていなかった。調査は遺跡全体の5%程度しか終えていないという。

 厳しい財政のため、市は昨年8月からふるさと納税を活用して寄付を募っており、全国から46件約40万円が寄せられた。うち半分が関東から。市税務課は「桜井市に縁があるという人よりも、古代史ファンからの寄付が多い印象」としている。邪馬台国は九州説も根強いためか、九州からの寄付はまだないという。

 谷奥昭弘市長は「纒向が邪馬台国の中心地と信じている。息の長い調査になると思うが、行政だけでなく、民間の力も活用し実像に迫りたい」と話している。(渡義人)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内