現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

広島・大分で30.3度 西日本に高気圧、コイも暑っ

2009年4月19日20時46分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真河川敷にたなびくこいのぼり。川につかって遊ぶ子どもの姿もあった=19日、大阪府富田林市、日吉健吾撮影

 西日本は19日、高気圧に覆われてよく晴れ、各地で今年一番の暑さとなった。広島県安芸太田町では30.3度を観測して大分県玖珠町とともにこの日の全国最高気温を記録。広島県内では観測史上最も早い真夏日となった。

 各地の気象台によると、最高気温は岡山市29.7度▽京都市29度▽大阪市28.7度▽高松市27.4度。岡山市では4月の最高気温の記録を更新した。

 夏を思わせる暑さのなか、大阪府富田林市の石川では約400匹のこいのぼりが掲げられ、子どもたちが川に入って遊んでいた。こいのぼりはNPO法人「夢の会」が全国に呼びかけて集めたもので、風に吹かれてふわりと青空に浮かんでいた。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内