現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

紅葉の名所に異変 ナラ枯れ拡大、常緑樹増えモミジ衰退

2010年11月28日6時39分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真山頂付近がナラ枯れした龍安寺近くの山林=京都市右京区、高橋一徳撮影

写真ナラ枯れ対策のため、ブナ科の木の幹にビニールを巻いている=京都市左京区の下鴨神社、高橋一徳撮影

 見ごろを迎えた紅葉の名所や寺社で、ブナ科樹木のナラ枯れ被害や山林の荒廃が目立っている。山の手入れが行き届かず、ナラ枯れの拡大や常緑樹の増加など植生の変化を招き、モミジなどの衰退にも結びついている。被害拡大を食い止めようと対策も始まった。

 世界遺産・龍安寺(りょうあんじ=京都市右京区)。境内から北に広がる朱山(しゅざん)を望むと、例年なら鮮やかな黄色に染まるはずの山の山頂付近に、害虫の被害で赤茶色に枯れたナラやブナが目につく。京都市が9〜10月に調べたところ、198本の枯死を確認。周辺でも約1千本の被害が出ているという。

 ナラ枯れした木は、市が補助金を出して伐採する予定だが、対策は追いついていない。寺の事務長の岩田晃治さんは「景観を損ねるので、被害が広がる前に何とか対処したい」と話す。

 京都を囲む東山、北山、西山での今年度のナラ枯れ被害は昨年度の5倍、推計で2万本にのぼる。すべての伐採は不可能なため、人家や道路に倒れる危険がある木を優先的に処理している。

 「自衛」に乗り出す寺社もある。下鴨神社(同市左京区)は今春、境内の「糺(ただす)の森」で100本以上のナラ枯れを確認。来春までにブナ科の約千本にビニールを巻き付け、被害拡大を防ぐ。平安神宮(同市左京区)でも被害を確認し、薬剤散布して幹にビニールを巻くなどの対策を進めているという。

 紅葉シーズンで観光客が詰めかける嵐山国有林では近年、常緑樹が植生を広げて森林内の日当たりが悪くなり、カエデやサクラの若木が育たなくなった。ナラ枯れも拡大し、今年度の被害は83本で昨年度の10倍超となった。

 林野庁京都大阪森林管理事務所は管理方法の見直しに着手。住民との意見交換会も設け、ヤマザクラの維持やカエデの世代交代を目的とする管理方針を作った。モミジなどを植樹する際には、高齢の木を伐採して日当たりの良い場所を確保し、若木の成長を促すようにした。

 大阪府の紅葉の名所・箕面公園(箕面市)でも今年から、常緑樹の伐採やモミジ苗木の育成に乗り出した。

 公園の指定管理者の造園会社などが昨年度、園内2カ所で滝道沿いの常緑樹を伐採したところ、近くのヤマザクラの日当たりも良くなった。今秋からは、近くの住民がモミジの苗を育てる試みも始め、順調に育てば山に返す予定だ。(竹田真志夫、柳谷政人)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介