現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(市民・行政)
  4. 記事

早大、省エネ分を奨学金に CO2削減促す

2008年6月30日3時0分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 早稲田大は九つあるキャンパスから排出される二酸化炭素(CO2)の削減を進めるため、電気・ガスの使用料を減らしたキャンパスが、削減額の半分を学生への奨学金として使えるようにする。奨学金増を省エネ推進への「アメ」にするのが狙い。早大によると、このような制度は日本の大学で初めてという。

 9キャンパスの今年度のCO2排出量は、合計で4万8千トンの見込み。省エネと施設・設備の高効率化で、12年度までに5千トン(約10%)削減することを目指している。

 早大全体の電気・ガス使用料は年間15億6千万円。今年度からキャンパスごとに1年分の電気・ガスの使用料を集計して、07年度を基準にした削減額の半分を翌年度の奨学金分として配分する。残りの半分は施設・設備の効率改善などにつぎ込む。

 例えば、早稲田キャンパスの場合、年間2億4千万円の電気・ガス使用料を5%、1200万円分減らせば、奨学金が600万円増える。

 早大によると、奨学金は従来、おおむね学部や大学院ごとに学生数の割合で配分していた。村上裕二・広報課長は「奨学金が増えれば優秀な学生を獲得するチャンスも増える。努力をすればメリットもあるようにすることで、省エネを進めたい」という。(杉本潔)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内