現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 世界の動き
  4. 記事

インド、地球温暖化対策へ「行動計画」 太陽光活用など

2008年6月30日20時21分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【ニューデリー=高野弦】インド政府は30日、地球温暖化対策に取り組むための独自の「行動計画」を発表した。太陽光など自然エネルギーの活用を進めることなどが柱。洞爺湖サミットと合わせて開かれる温暖化ガスの主要排出国会議(MEM)でシン首相が計画を説明する方針だ。

 今回発表されたのは計画の「大綱」にあたり、具体的な実現方法や実施時期などは12月までに各省庁が詰める。

 計画は、太陽光の活用促進のほか、(1)リサイクルを進め、水の使用効率を20%高める(2)植林を促し、森林面積の割合を23%から33%に増やす(3)エネルギー効率を向上させ、12年までに1万メガワット節約する――など8項目。地球温暖化ガスの具体的な削減目標は盛り込まれなかった。

 シン首相は「インドは経済成長を遂げ、貧困を削減する権利がある。1人あたりの排出量こそが国際的な合意の基礎となるべきだ」と語り、先進国に削減義務があるとの立場を強調した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内