現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(企業・技術開発)
  4. 記事

太陽光発電、見本は自社ビル 三菱商事、設備販促狙う

2009年1月16日10時54分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真受付に設置された太陽光発電設備の稼働状況を示す画面=東京・丸の内の三菱商事本社

 東京・丸の内の三菱商事本社ビルで、1階受付に置かれたパソコンのディスプレーが来訪者の関心を集めている。ビルに設置した太陽光発電設備での発電量を示すもので、今月から運用が始まった。自社ビルを「見本」に、オフィスビルへの設備販売の促進を図る狙いだ。

 年間1万キロワット時の発電を見込み、主に来客との打ち合わせで使う会議室がある4階の蛍光灯の半分をまかなう。さらに近隣に今春完成する34階建てビルにも、約6倍の能力を持つ設備を設置する。太陽光発電設備は、工場などへの設置が増えているものの、オフィスビルではまだ例が少なく、自社での効果をアピールしていく考えだ。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内