現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(企業・技術開発)
  4. 記事

柏崎刈羽7号機、GW明け再開へ 知事、容認表明見通し

2009年4月23日20時47分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 07年7月の新潟県中越沖地震で停止中の東京電力柏崎刈羽原子力発電所(同県柏崎市・刈羽村、全7基)7号機が5月の連休明けにも運転を再開する見通しとなった。泉田裕彦知事が23日、再開について近く県議会に諮る意向を示した。

 連休明けにも県議会全員協議会が開かれる方向。県議会側も運転再開については基本的に容認しており、協議会を経て同知事が正式に容認を表明する見通しだ。東電は即座に運転を再開したい考え。

 この問題では今月21日に全員協議会が予定されていたが、11日に原発敷地内で火災があり、延期された。東電の火災の再発防止策について同知事が23日に了承した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内