現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

30分限定 森に漂う光の点 沖縄・石垣

2009年5月1日14時3分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真日没とともに森の中で光り始めたヤエヤマボタル=4月29日、沖縄県・石垣島、関口聡撮影(3分間露光)

 沖縄県・石垣島で、ホタルの舞が早くも見ごろを迎えた。恐竜時代を思わせる巨大なシダの仲間「ヒカゲヘゴ」が立ち並ぶ同島中部の森林では、点滅する淡い光の粒がフワフワと漂う幻想的な風景がみられる。

 体長5ミリほどの「ヤエヤマボタル」という種類で、幼虫時代も陸上で暮らす性質がある。飛びながら光るのはオスだけ。開発によって生息域の森林が減り、同島でも低地では数が少なくなっているという。

 光のショーを楽しめるのは、夜7時半ごろから30分ほどの限られた時間帯。多いときには数万匹が群舞する。ヤエヤマボタルの舞は、5月下旬ごろまで続く。(山本智之)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内