現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

人工飼育のアホウドリ、全15羽巣立つ 小笠原の聟島

2009年5月26日5時47分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真聟島の飼育サイトから巣立つオスのアホウドリ=22日、山階鳥類研究所撮影

 小笠原諸島の聟島(むこじま)で人工飼育されていた国の特別天然記念物アホウドリのヒナ15羽のうち、最後のオスが25日朝、巣立った。約350キロ離れた営巣地の伊豆諸島・鳥島から新たな繁殖地を作るため、今年2月に聟島へ移住させていた。これで全羽が巣立った。移住事業は今年で2年目。

 1羽目の巣立ちは今月11日。昨年も移住させた10羽すべてが無事に巣立った。飼育を担当した山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)の出口智広研究員は「今年もすべて無事に巣立たせることができて大変うれしい」という。(中山由美)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内