現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(市民・行政)
  4. 記事

名古屋で生物多様性会議開催 「知ってる」5%だけ

2009年8月2日17時30分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 内閣府が1日発表した環境問題に関する世論調査で、来年10月に生物多様性条約締約国会議(COP10)が名古屋市で開かれるのを知っている人が5%にとどまっていることがわかった。約190カ国が参加し、生態系を守るための世界共通の目標を決める会議だが、ほとんど知られていない現状が浮かび上がった。

 調査が実施されたのは今年6月。全国から無作為に選ばれた20歳以上の3千人を対象に面接方式で行われ、1919人から回答を得た。

 食べ物や薬などさまざまな恩恵をもたらす動植物のつながりを表す「生物多様性」という言葉について、「聞いたこともない」と答えた人は約62%にのぼった。

 条約締約国会議について「聞いたこともない」と答えたのは約84%。「知っている」「聞いたことがある」と答えた約13%のうち、名古屋市で来年開催されることを知っていたのは約40%にとどまった。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内