現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(市民・行政)
  4. 記事

エコポイント寄付して環境保全 政府が新たな仕組み

2009年8月8日2時0分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 省エネ家電を買うと付与されるエコポイントを環境保全に役立ててもらおうと政府は7日、地球温暖化対策などに取り組む181団体にポイントを寄付できる仕組みを発表した。ポイントと交換できる商品としては百貨店などの商品券が人気だが、寄付を選択肢に加えて「よりエコな制度」にしたい考えだ。

 寄付先は、交換商品のパンフレットの中に一覧で掲載し、9月上旬ごろから受け付ける予定。消費者が個別の団体を寄付先として直接選べるほか、「自然保護」「環境教育」など活動分野だけを指定した上でエコポイント事務局にゆだねることもできる。ポイント数は、寄付を受ける団体側が選択肢を提示する。

 政府はまた、ポイントと交換できるサービスや商品として公共交通機関のプリペイドカードなど412件を追加すると発表した。すでに発表されているサービス・商品とあわせ、計683件になる。

 団体や商品一覧は同事務局のホームページ(http://eco-points.jp)に掲載されている。

 ポイントを寄付できる主な団体は以下の通り。

 【温暖化防止】そらべあ基金(東京)、気候ネットワーク(京都)、九州バイオマスフォーラム(熊本)【リサイクル】中部リサイクル運動市民の会(愛知)、フードバンク関西(兵庫)【自然保護】日本生態系協会(東京)、沖縄県ダイビング安全対策協議会【森林保全】FoE Japan(東京)、緑の地球ネットワーク(大阪)【環境教育】さっぽろ自由学校「遊」(北海道)、日本エコツーリズム協会(東京)、日本ユニセフ協会(同)、環境市民(京都)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内