現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事

天然ウナギの卵、大量にとったどー マリアナ諸島沖で

2011年7月10日15時0分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

【動画】天然ウナギの卵を採取=撮影協力:NHK

写真拡大大量採取に成功した天然ウナギの卵。直径は1.6ミリ=東京大学大気海洋研究所提供

 天然のウナギの卵を大量にマリアナ諸島沖で採取することに、東京大や九州大などのチームが成功した。日本に持ち帰った卵を10日、東京都内で報道関係者に公開した。卵がとれた深さや日時から逆算すると、産卵は日没〜夜11時に、水深150〜200メートルで行われると推定できるという。

 ウナギの天然卵の採取は、世界初となった2009年5月に続き2回目。

 研究チームは学術研究船「白鳳丸」で大型プランクトンネットを引いてウナギの卵を探し、6月29日にニホンウナギの受精卵約150個を捕獲した。09年に初採取した卵は31個だったが、今回、一度に100個を超す卵が得られたことで、遺伝情報の解析をより詳しく進められるという。

 研究チームは卵が前回とれたときの条件をもとに、塩分の高い水塊と低い水塊とが接する「塩分フロント」のそばで産卵が行われると推定。塩分フロントが西マリアナ海嶺と交わる北緯13度、東経142度の海域に狙いを定めた。その結果、予測が的中した。ウナギは新月の2〜4日前に、一晩だけでなく連日産卵するとみられる。

 天然ウナギの資源は激減している。産卵生態の解明は、飼育下で卵から育てる「完全養殖」の実用化に役立つと期待されている。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介