講演「持続可能な環境先進都市・東京の実現を目指して」|2018講演記録|朝日地球会議2018|朝日新聞

講演
「持続可能な環境先進都市・東京の実現を目指して」
東京都知事 小池 百合子

脱炭素社会へ「ゼロエミ」目指す

小池 百合子さん

小池 百合子さん

東京都は、脱炭素社会を見据え、二酸化炭素(CO2)を排出しない環境先進都市「ゼロエミッション東京」を目指しています。

走行時にCO2などを出さない車(ゼロエミッション車)の購入費の補助額を増額し、電動バイクの普及にも力を入れます。半年程度の電気供給を太陽光発電だけでまかなう実証プロジェクト(ゼロエミッションアイランド)も小笠原諸島・母島で始める予定です。建築物の省エネルギー化を進める「ゼロエネルギービルディング」にも取り組みます。今年の流行語大賞には「ゼロエミ」が選ばれることを願っています。

都は温室効果ガス総量削減義務と排出量取引制度(キャップ&トレード制度)をいち早く導入したほか、自治体初のグリーンボンド(債券)を昨年度初めて、200億円規模で発行しました。今後も環境先進都市・東京を築いていきます。

PAGE TOPへ戻る