パネル討論「5年後の世界のデジタルメディア」|2018講演記録|朝日地球会議2018|朝日新聞

パネル討論
「5年後の世界のデジタルメディア」
パネリスト ハフポストCEO ジャレッド・グルスド
NewsPicks CCO、NewsPicks Studios CEO 佐々木 紀彦
コーディネーター ハフポスト日本版編集長 竹下 隆一郎

有料化、新たな視点示せれば成功

ジャレッド・グルスドさん

ジャレッド・グルスドさん

デジタルメディアをめぐる環境は激変している。ハフポストCEO(最高経営責任者)のジャレッド・グルスドさんは「読者、広告、投資環境について新しい流れがある」と述べた。

グルスドさんによると、新聞で読まれていたニュースがパソコンやスマートフォンで読まれるようになり、読者一人ひとりの好みや関心に応じたニュースや広告の配信ができるようになった。さらに、欧米では最近、メディアへの投資が注目されるようになっている。読者を獲得しつつ、売り上げも増やせないか。投資先からの要望にメディア側が答えを模索している状況だという。


佐々木 紀彦さん

佐々木 紀彦さん

経済情報サイト「NewsPicks」CCO(コンテンツ責任者)の佐々木紀彦さんは、様々なメディアの経済ニュースを取り上げてコメントする専門家を中心としたコミュニティーを作り、読者から購読料を得ている自社の事例を紹介。「企業が収益を上げるために必要な経済ニュースは有料サービスが成立しやすい」と語った。

グルスドさんは「単なる速報にお金を払う時代ではない。より深く掘り下げ、新たな視点を示せる記事なら経済ニュース以外でも有料化は成功するのではないか」と話した。


竹下 隆一郎さん

竹下 隆一郎さん

会場からは、ニュースや情報を自分で選ぶ時代になったことに対し、「偏った意見が一般論のようになる恐れはないか?」といった質問が出た。佐々木さんは「今後は中立性を保ったマスメディアと、個人の関心に合わせたメディアが併存する形になると思う」と語った。

<ジャレッド・グルスド> 音楽配信サービス会社「スポティファイ」などを経て、2015年から現職。世界16カ国・地域版で展開するグローバルメディア「ハフポスト」を率いる。

<佐々木紀彦> 1979年生まれ。「東洋経済オンライン」やインターネットメディア「ニューズピックス」の編集長などを経て、18年から現職。

PAGE TOPへ戻る