特別講演「身近な取り組みが『笑顔』とともにグローバルな広がりへ」|2018講演記録|朝日地球会議2018|朝日新聞

特別講演
「身近な取り組みが『笑顔』とともにグローバルな広がりへ」
アデランス 執行役員 海外事業本部副本部長 グローバルCSR広報室担当 箕輪 睦夫

箕輪 睦夫さん

箕輪 睦夫さん

今年、創立50周年。世界19カ国・地域、64社のグローバル企業です。1754年に近江商人が残した商売哲学「三方良し」を胸に、アピアランスケアに取り組んでいます。己の利益だけでなく、顧客、地域の利益を考えなさいという教えです。

まず、40年前から、抗がん剤などで髪の毛を失った子どもに、ウィッグをプレゼントしています。02年には、病院内に、バリアフリーのヘアサロンをつくりました。ウィッグでQOL(生活の質)が高まり治療に前向きになります。国内で30店舗、欧州でも8店舗あります。

円形脱毛症の方を対象に、英国で継続してチャリティーファッションショーを開催しています。自転車競技選手でロンドン五輪金メダリストのジョアンナ・ロウセルさんは、ウィッグをつけてインタビューをした方が、髪の毛より、自分自身に注目してもらえ、より自分らしくいられると喜んでくださっています。自分らしさを輝かせてくれるアピアランスの力の大きさが、よく分かりますね。

PAGE TOPへ戻る