現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. エコカーライフ
  4. 記事

エコカーライフ

新型プリウス、205万円程度から インサイトに対抗

2009年3月12日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真新型プリウス

写真インサイト

写真現在のプリウス

表拡大  

 トヨタ自動車は、5月に全面改良して発売を予定するハイブリッド車「プリウス」の最低価格を、205万円程度とする方針を固めた。現在のプリウスの最低価格より30万円近く安い。ホンダが2月に発売したハイブリッド車「インサイト」が低価格を売りに受注を伸ばしており、価格戦略を見直して対抗する。

 トヨタは新型プリウスの排気量を現在の1.5リットルから1.8リットルに増やし、車体もやや大型化。2.4リットル車と同程度の走行性能を実現しつつ、燃費も現行型(1リットルあたり35.5キロ)を上回る38キロ程度に向上させる。

 市場では、新型の価格が、排気量増や性能向上によって250万円前後になるとの見方もあった。実際には、現在の233万1千〜334万9500円を下回るだけでなく、インサイトの189万〜221万円に迫り、最低価格の差は15万円程度に縮まる。

 新型プリウスは、インサイトと違ってCDなどオーディオ機器も標準装備するため、「実質的な価格差はほとんどない」(販売店関係者)との見方もある。新型は、97年発売の初代の価格215万円(税抜き)も下回る。

 トヨタは、新型の発売以降、現在のプリウスを法人向けに200万円以下で販売する方向で検討中。装備は簡素化するという。

 トヨタが値下げに踏み切る背景には、世界的な新車販売の低迷の中で、後発のインサイトの販売が好調に推移していることがある。インサイトは排気量1.3リットルと小型で、装備も絞り込み、割安感から発売後約1カ月の受注は1万8千台に上った。また、もともとトヨタ社内に、環境車のプリウスを大型・高級化することへの疑問の声もあった。

 一方、新型の価格は、設計時点の想定価格を下回っている可能性が高く、利幅も想定を大きく下回るとみられる。ホンダとの販売競争が激化し、値下げ合戦に発展すれば、トヨタの業績回復の妨げになる恐れもある。(寺西和男、中川仁樹)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内