現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 朝日地球環境フォーラム2011
  4. 吉田文彦の地球360°
  5. 記事
朝日地球環境フォーラム2011

「ショック・ドクトリン」の衝撃

2011年10月11日

 2004年12月に起きたスマトラ沖大地震は、インド洋に浮かぶ島国・スリランカに巨大な爪痕を残した。襲ってきた津波のせいで約3万5000人もの人が亡くなり、100万人近くが避難を余儀なくされた。犠牲者の約8割は、小船で海に出る沿岸部の猟師たちだった。東日本大震災を経験しただけに、牙をむいた自然の怖さを思い知らされたスリランカでの苦しみはいかばかりだったかと、今更ながら考えせられる。

 だが、こともあろうに、この国難につけこんで、巨額の利益をあげた資本集団があった。

 津波で建物などが姿を消した沿岸部はかねてから、リゾート開発の資本集団の眼には、富裕層にうってつけの観光地と映っていた。だが、多くの猟師たちが暮らし、土地所有関係などが複雑で、リゾート開発はままならなかった。

 そこに、巨大な津波が押し寄せた。内陸への大量避難で沿岸部が「空き地」状態になったのをいいことに、一気に、外資導入によるリゾート開発計画が推し進められる。弱者へのシワ寄せが強まる公営事業の民営化も、復興計画の名のもと、急ピッチで進められた。

 スリランカ政府は「悲惨な運命のいたずら」としながらも、「この天災はスリランカにまたとないチャンスをプレゼントしてくれた」との考えを示した。これに対して、零細漁民支援団体の代表は、傷つき、弱りきった国民を食い物にする計画だと批判した。戦争のあとに略奪の嵐が吹き荒れるがごとく、最初の津波のあとに「第二の津波」が襲いかかってきた、と。

  ◇

 そんな傍若無人な「惨事便乗型資本主義」を、カナダのジャーナリストであるナオミ・クラインが自著『ショック・ドクトリン』(岩波書店)で厳しく追及している。

 国内総生産(GDP)で中国に追い抜かれたとは言え、世界水準から見れば豊かな国である日本でさえ、東北の復興は一大事業である。貧しい国・地域が大災害で打ちひしがれた時に、自力復興がなかなかむずかしいのは想像に難くない。自然の猛威に加えて、「惨事便乗型資本主義」が追い打ちをかける、という例はたくさんある。

 しかも、自然災害後に限らない。著者のクラインによると、「惨事便乗型資本主義」はもともと、政変や戦争などの危機的状態につけこんできた経緯がある。人々がショック状態や茫然自失状態から自分を取り戻し、社会・生活を復興させる前に、過激なまでの市場原理主義を導入し、経済改革、利益追求に猛進する。「惨事便乗型資本主義」による「ショック・ドクトリン」の遂行である。

 古くは、1973年の軍事クーデターで独裁体制を打ち立てたチリのピノチェト政権の時代に、「惨事便乗型資本主義」が跋扈(ばっこ)した。「小さな政府」主義が金科玉条となり、公共部門の民営化、福祉・医療・教育などの社会的支出の削減が断行されて、多くの国民が窮地に追い込まれた。

 2003年に始まったイラク戦争のあとにも「惨事便乗型資本主義」が一気呵成に入り込んだ。混乱のなかで、治安維持やテロ対策にまで民間企業が入り込む徹底ぶりだった。

  ◇

 いろいろなことを考えさせてくれる本だ。

 地球温暖化が進めば、あるいは逆に気候寒冷化に向かえば、これまでの気象条件に支えられてきた国内外の秩序や経済活動は影響を受けるだろう。気候変動がどちらに転ぼうが、自然災害が増えれば、冷徹な「惨事便乗型資本主義」にとっては好機となるだろう。米国、欧州の衰退と新興諸国の台頭が世界システムに大きな変動をもたらすなか、こうした気候変動による不安定要因も加われば、いったい、どのようなグローバルガバナンスを築けば、人間の顔をした資本主義にしていけるのか。簡単には答えは見えない。

 ただ、自然災害からの復興における理想的パターンとして、クラインは、住民の直接参加による復興を挙げる。たとえば、スマトラ沖地震後のタイの沿岸部の事例だ。漁民たちが立ち上がって「惨事便乗型資本主義」の悪弊拡大を食い止めた。この動きで活躍したタイ地域連合の代表は「外部の業者の参入を排し、地元社会が責任を持って復興を行うのが望ましい」との声明を出している。東日本大震災後の東北の復興計画においても、こうした成功物語を参考にしていく必要があるだろう。

 資本主義を全否定できる時代ではないが、市場原理を妄信するわけにもいかない。タイの事例が示すように、民主的な力が最後は「惨事便乗型資本主義」を押し返す砦になる。そのことを頂門の一針にして、「ショック・ドクトリン」への備えを怠らないことだろう。何しろ、「ショック・ドクトリン」は、私たちがへこたれそうな時を見計らって、やってくるのだから。

検索フォーム

おすすめリンク

朝日新聞デジタルの異色の人気コラムが本になりました。
『1面トップはロボットアニメ 小原篤のアニマゲ丼』

人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。名言集から研究本まで関連書籍を幅広く集めました

人気の水族館をハイビジョン映像などで紹介。家にいながら目の前に広がる美しき水中世界を堪能しよう

カントリー調だけでなく、シャープなデザインのものも

育成が簡単で手間が掛からず気軽に育てられるマリモのプチアクアリウムを飾ってみませんか?

ハッブル宇宙望遠鏡で宇宙を覗いたら…


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介
NTT 京セラソーラーコーポレーション サントリーホールディングス JX日鉱日石エネルギー TOTO トヨタ自動車 パナソニック 国際森林年国内委員会事務局-農林水産省