現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 南極みぃつけた!

南極みぃつけた!

写真

目で楽しむ南極の自然 越冬取材で写した300カットを公開

 マイナス60度、まつげが凍り、厚い手袋の中で指先の感覚が消えてゆく。2003〜05年に訪れた、初めての南極。1000キロ四方、誰もいない、標高3810メートルのドームふじ基地に立った。足下から深さ3千メートルまで掘った氷は、過去70万年の大気を閉じこめたタイムカプセルだった。2009〜10年に再訪。“宇宙からの使者”に出会うため、天を突くような岩々がそびえるセールロンダーネ山地へ向かった。青白くきらめき、海かと見まがう氷原。ばっくりと口を開けるクレバスをよけ、肌を突き刺す風のなかをひた走る。ようやくたどりついた氷の上には、46億年前に太陽系が誕生した謎を語る隕石が転がっていた。そこでしか会えないものに会いたくて、南極で過ごした1年半あまり。見慣れていたはずの太陽、空、海、そして雪や氷がこれほどまでに表情豊かだったとは……。人を寄せ付けない厳しさと、人を惹きつけてやまない美しさを前に、何万回シャッターを切っただろう。凍てつく大気の向こうに広がっていた、生まれたままの地球。その姿を8回にわたって写真で紹介する。(朝日新聞 南極担当記者 中山由美)

フォトギャラリー

写真

【1】ペンギン (1)

  南極で出会うアデリーペンギンは好奇心旺盛だ。カメラを構えると、興味津々近づいて来る。こっちが見ているのか、見られているのか、わからなくなる。 (12/08)

写真

【2】南極海

 船が40度も傾くほど荒れ狂う暴風圏を越え、白い蓮の葉が漂うような流氷域を抜けると、厚さ5メートルにもなる氷が行く手を阻む。南極へと誘う海は、光と風が水と氷の世界を演出する。(12/22)

写真

【3】空

 凍てつく大気にダイヤモンドダストがキラキラ舞う。さえぎるもの一つない空をキャンバスに、光は世界で一番大きな絵を描く。太陽が姿を見せない冬は、揺らめくオーロラが天頂を駆けめぐる。(01/05)

写真

【4】大地

 11億〜4億5千万年前、何が起きたのか? 岩に描かれた不思議な模様は古文書だ。灼熱のマグマが走り、とてつもない圧力が加わった痕跡を読み解き、超大陸誕生の謎に迫る。(01/19)

写真

【5】生きもの

 極寒の世界で命をつなぐ生き物たち。人間には過酷だが、彼らには案外、暮らしやすい所なのかもしれない。凍てつく海の上で出会うアザラシはいつもごろごろ、昼寝ばかりしている。(02/03)

写真

【6】ペンギン(2)

 昭和基地の近くで出会うペンギンたち。コウテイペンギンは体長120センチと威厳たっぷり。小さなアデリーペンギンは両翼を広げ、ヨチヨチ大行進。子育てのスタイルもまた違う。(02/16)

写真

【7】観測

 昭和基地で観測が始まったのは1957年。オゾンホールの発見や2万個近い隕石の収集など世界に誇る成果をあげた。いまも、南極から地球を見つめ続けている。

写真

【8】氷

 地球上の9割の氷が集まる南極。日本の37倍もある大陸を覆うのは、平均で約2千メートルにもなる厚い氷だ。そこには70万年の気候変動の歴史が閉じこめられている。

中山由美(なかやま・ゆみ)

 朝日新聞東京本社 科学医療グループ記者。1993年入社。外報部、社会部などを経て現職。外報部では、2001年9月11日に起きた米同時多発テロの実行犯の生涯を追った長期連載「テロリストの軌跡」(02年度新聞協会賞受賞)で、取材班の一員としてドイツと中東を取材した。03年秋から1年4カ月間、女性記者として初めて第45次南極観測越冬隊に同行取材。09年11月から、第51次隊で南極を再訪した。

 著書に「こちら南極 ただいまマイナス60度」(草思社)。 共著に「南極ってどんなところ?」(朝日新聞社)、 「テロリストの軌跡」(草思社)。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介