現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事
2012年12月2日20時50分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

十勝岳、火山性地震がやや増加 原因不明で推移注視

 札幌管区気象台は、十勝岳で2日昼前から火山性地震がやや増加している、と発表した。火山性微動は観測されておらず、噴火警戒レベルは「1(平常)」のままだが、原因は不明として推移を注意している。

 気象台によると、火山性地震は2日午前11時半〜午後6時に107回観測された。このうちの1回は、山麓(さんろく)の十勝岳温泉地区などで震度1程度の揺れを感じた。十勝岳で有感地震の観測は2000年6月以来。十勝岳の火山性地震は、最近では1日あたり10回未満で推移していたという。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット