現在位置:
  1. asahi.com
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事
2011年12月14日7時9分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

植物巨大化の遺伝子発見 名大、果実収量拡大に応用も

 大きなイチゴや、バイオ燃料が多く採れる作物を作るにはどうしたらいいか――。名古屋大の研究グループが、植物の細胞分裂を促すたんぱく質を特定の遺伝子がコントロールしている仕組みを解明した。この遺伝子を活用すれば、果実などの特定の部分だけを大きくして収量を上げられる可能性があるという。

 解明したのは同大大学院生命農学研究科の伊藤正樹准教授らのグループ。研究成果は13日付の米国植物科学専門誌「The Plant Cell」の電子版に掲載された。

検索フォーム



朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット