現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事
2012年3月10日0時51分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

岐阜・乗鞍スカイライン、電気自動車乗り入れ実験へ

 乗鞍スカイライン(岐阜県高山市、全長14.4キロ)のマイカー規制のあり方を決める乗鞍自動車利用適正化協議会(会長=国島芳明・高山市長)は9日、電気自動車(EV)の乗り入れについて実験や研究に取り組むことを決めた。

 同市丹生川支所であった協議会で、2012年度から3年間の適正化方針に盛り込んだ。ただ、西倉良介副市長は「初めからマイカー規制の緩和が前提ではない」と説明した。

 ガソリン車に比べて環境への負荷が少ないEVの乗り入れは、3年前の方針見直しで「今後の研究課題」としていた。しかし、実質的な研究は進んでおらず、「地域振興のための実験・研究に取り組む」と一歩踏み込んだ。具体策は4月に決める12年度の事業計画で詰める。

検索フォーム



朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット