現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事
2012年3月16日11時41分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

太地に「くじら牧場」構想 湾仕切って放し飼い 和歌山

写真:「くじら牧場」が構想されている森浦湾=和歌山県太地町拡大「くじら牧場」が構想されている森浦湾=和歌山県太地町

図:和歌山県太地町の森浦湾のいけす予定地拡大和歌山県太地町の森浦湾のいけす予定地

 捕鯨の町として知られる和歌山県太地町が、町内の森浦湾の一部を網で仕切ってクジラやイルカを放し飼いにする「くじら牧場」を構想している。観光客の誘致と生態研究が主な目的。予定地の海で真珠養殖などをしている業者との権利関係の交渉や、運営にかかる財源確保などの問題はあるが、町は3〜5年後をめどに課題を解決したいとしている。

 構想では、森浦湾南部の入り江の入り口を長さ約430メートルにわたる網で仕切って巨大ないけすを造る。面積は約28ヘクタール、阪神甲子園球場のおよそ7倍の規模になる。町によると、世界的にも例のない試みだという。

 ここにハナゴンドウ、コビレゴンドウ、オキゴンドウ、バンドウイルカなどの小型鯨類を放し飼いにする。観光客らがカヤックでクジラと遊んだり、海水浴場で一緒に泳いだりできるようにする。

購読されている方は、続きをご覧いただけます

検索フォーム

おすすめリンク

家族だけでみるのは限界、だから施設を探した。でもなんで預けちゃったんだろう…。

仕事も結婚も出産も。思いをかなえるための「正しい野心」のススメ。

3人の女性の恋愛体験記とともに迫る、高齢者の「本当の性愛」の姿。

著名人の遺産をめぐる争いや対策から浮かび上がる、「争族」回避の奥の手とは?

電車や駅のホーム、階段やエスカレーターで。あらゆる所で「スマホバカ」が増殖中だ。

会議やプレゼン、ホームパーティーまで幅広く活躍すること間違いなし!



朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット