現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事
2012年11月12日6時36分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

奈良のシカ、県が駆除検討 公園外の食害絶えず

写真:芝を食べる「奈良のシカ」。観光客がほとんど接触しない公園外の鹿について、駆除が検討されている=奈良市の奈良公園拡大芝を食べる「奈良のシカ」。観光客がほとんど接触しない公園外の鹿について、駆除が検討されている=奈良市の奈良公園

写真:奈良公園の南約500メートルの田畑では、鹿が農作物を食い荒らさないようにステンレス製の柵や扉が厳重に取り囲んでいる=奈良市白毫寺町拡大奈良公園の南約500メートルの田畑では、鹿が農作物を食い荒らさないようにステンレス製の柵や扉が厳重に取り囲んでいる=奈良市白毫寺町

図:鹿の一部の駆除が検討されているエリア拡大鹿の一部の駆除が検討されているエリア

 【西山良太】国の天然記念物に指定される「奈良のシカ」について、奈良県などは、奈良公園を離れて周辺の田畑で農作物に繰り返し被害を与えたり、周辺の山にすみついたりしている鹿の一部を駆除する検討を始めた。手厚く保護されてきたが、農作物の食害が絶えないため、県などは今後有識者を交えた組織を設け、文化庁の許可を得られれば頭数管理に乗り出す。

 観光名物「奈良のシカ」は野生動物で、公園内には約1千頭が生息する。天然記念物としての生息地は「奈良市一円」と定義される。公園を出て近くの山などにすみついた鹿もいて、県は「その数は公園内より多いだろう」とみる。

 県は2008年12月、奈良市や、鹿を神の使いとしてきた春日大社、保護活動に取り組む財団法人「奈良の鹿愛護会」、有識者らと「鹿のあり方検討会」を設置。鹿の頭数管理や農業・人身被害対策などを協議してきた。県は13年度中に検討会とは別の有識者ら第三者の委員会で鹿の保護管理計画を作り、早ければ同年度中にも文化庁に許可を求める。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット