現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 国内(企業・技術開発)
  4. 記事
2012年12月9日10時56分
このエントリーをはてなブックマークに追加

「発電する繊維」いかが? 直径1.2ミリの電池で開発

写真:直径1.2ミリの球状太陽電池がずらりと織り込まれた繊維。小型LEDが点灯した拡大直径1.2ミリの球状太陽電池がずらりと織り込まれた繊維。小型LEDが点灯した

 京都の太陽電池メーカー「スフェラーパワー」製の極小球状太陽電池が無数に織り込まれた「発電する繊維」を福井県工業技術センターなどが開発した。

 直径1.2ミリの電池1個あたりの出力は、晴れた日中で0.2ミリワット。数千、数万個を導線で蓄電池とつなげば、夜間にも発光や発熱の電源になる。

 薄くて柔軟で、カーテンなどの商品化を目指す。衣服の生地にして小型LEDをちりばめれば、輝く姿に変身。紅白歌合戦出場歌手の皆さん、いかが?

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット