現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 世界の動き
  4. 記事
2012年11月27日20時22分
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に「化石賞」 環境NGO「京都議定書から逃げた」

写真:化石賞を贈られた国の国旗をもつNGO関係者たち=ドーハ拡大化石賞を贈られた国の国旗をもつNGO関係者たち=ドーハ

 【ドーハ=小林哲】カタールで開かれている国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP18)で、国際的な環境NGOでつくる「気候行動ネットワーク」は26日、温暖化対策の交渉に後ろ向きな国に皮肉を込めて贈る「化石賞」に、日本や米国など5カ国を選んだ。京都議定書の削減義務から「逃げた」のがその理由だ。

 京都議定書に参加していない米国やカナダ(昨年末に脱退)、延長を拒否して来年から削減義務を負わなくなる日本やロシア、ニュージーランドを選んだ。日本など3カ国に対しては、COP18期間中に考え直すチャンスがあるとして、方針転換を求めている。これに対し、日本政府代表団の幹部は「今さら変更はありえない」と話している。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット