現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事
2012年12月12日0時5分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

新潟・佐渡島に新種のカエル 放鳥されたトキのエサにも

【動画】新種と判明し、「サドガエル」と命名されたカエル=竹石涼子撮影

写真:新種とわかり、「サドガエル」と命名されたカエル=広島大の三浦郁夫准教授提供拡大新種とわかり、「サドガエル」と命名されたカエル=広島大の三浦郁夫准教授提供

写真:サドガエル(左)と、近い種であるツチガエル=広島大の三浦郁夫准教授提供拡大サドガエル(左)と、近い種であるツチガエル=広島大の三浦郁夫准教授提供

写真:田の水面から顔をのぞかせるサドガエル=2012年6月、新潟県・佐渡島、関谷国男さん撮影拡大田の水面から顔をのぞかせるサドガエル=2012年6月、新潟県・佐渡島、関谷国男さん撮影

 【竹石涼子】新潟県・佐渡島で15年前に見つかったカエルが新種とわかり、サドガエルと命名された。新種の宝庫である南西諸島を除くと、国内でカエルの新種が見つかるのは22年ぶりという。広島大、新潟大、横浜市繁殖センターのグループが11日、発表した。

 体長4センチほどのこのカエルは、新潟大の関谷国男教育支援員が発見。国内の水辺でよく見られるツチガエルと似ているが、一回り小さいことや、背中の模様、黄色い腹部などの違いがあり、三浦郁夫・広島大准教授らが遺伝子や繁殖能力を調べたところ、新種とわかった。「ギューンギューン」と鳴く。

 グループによると、佐渡島の生き物は本州の生き物とよく似ており、別種が見つかる可能性は低いとされてきたが、このカエルは20万〜80万年前に佐渡島が本州から分かれたあと、固有の進化をとげたらしい。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット