現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 環境
  3. 国内(自然・生態系)
  4. 記事
2013年1月7日7時21分
このエントリーをはてなブックマークに追加

怪物ダイオウイカ、生け撮った NHKが深海撮影に成功

写真:動画撮影に成功したダイオウイカ。おとりの餌のソデイカを抱えている(C)NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL拡大動画撮影に成功したダイオウイカ。おとりの餌のソデイカを抱えている(C)NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL

写真:動画撮影に成功したダイオウイカ(C)NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL拡大動画撮影に成功したダイオウイカ(C)NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL

 【田玉恵美】最大の無脊椎(せきつい)動物で、生態がよく分かっていないダイオウイカが深海で泳ぐ様子を、NHKなどが国際共同制作プロジェクトで初めて動画で撮影した。昨年7月、小笠原諸島・父島東沖の水深630メートルで遭遇したという。

 「海のモンスター」と呼ばれるダイオウイカは全長18メートルになるとも言われる。これまで、深海では写真は撮影されたことがあるが、動画となると水面に引き揚げられた後のものがあるだけだった。カメラの前に現れたのは全長約3メートル。ただ2本の長い触腕が切れており、切れていなければ7、8メートルあると推測される。

 特殊な深海撮影用に開発した超高感度ハイビジョンカメラを有人潜水艇に載せて計100回潜り、複数回にわたり姿をとらえたという。潜水艇に乗り込んだ国立科学博物館の窪寺恒己さんは「輝くような美しさでした」と話す。13日夜のNHKスペシャル「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」で放送する。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
環境ガジェット