メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

増える特別支援学校 岐阜県、6年で7校開校

写真:県立飛騨吉城特別支援学校(左)は、飛騨市立古川小学校とグラウンドなどを共有している=飛騨市古川町片原町拡大県立飛騨吉城特別支援学校(左)は、飛騨市立古川小学校とグラウンドなどを共有している=飛騨市古川町片原町

写真:県立飛騨吉城特別支援学校の開校式では、同じ敷地にある飛騨市立古川小6年の重山鈴華さんが歓迎のあいさつをした=飛騨市古川町片原町拡大県立飛騨吉城特別支援学校の開校式では、同じ敷地にある飛騨市立古川小6年の重山鈴華さんが歓迎のあいさつをした=飛騨市古川町片原町

写真:県立飛騨吉城特別支援学校の開校式では、高等部2年の岩嶋航平君(左)が代表で宣誓した=飛騨市古川町片原町拡大県立飛騨吉城特別支援学校の開校式では、高等部2年の岩嶋航平君(左)が代表で宣誓した=飛騨市古川町片原町

図:特別支援学校の児童・生徒数の変化拡大特別支援学校の児童・生徒数の変化

 【塩入彩】障害がある子どもが通う特別支援学校が9日、岐阜県飛騨市と下呂市に開校した。特別支援学校への通学を希望する児童生徒は増え続け、県はこの6年間で新しく7校を整備した。特別支援学校に通っていても地元にとけ込めるようにと、小中学校と交流を深める取り組みも始まった。

■「一緒に成長」 小学校と敷地共有も

 「隣同士の学校の仲間として、仲良くしてください」。9日、県立飛騨吉城特別支援学校の開会式。古田肇知事や多くの学校関係者らが見守るなか、隣にある飛騨市立古川小学校の6年生、重山鈴華さん(11)が元気よくあいさつした。続いて、飛騨吉城の高等部2年、岩嶋航平君(16)は、「みんなと笑顔いっぱいの学校生活を送りたい」と意気込みを話した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】タブレットにもなる超薄型PC

    薄さ約9.9ミリ、重量約775g

  • 写真

    【&TRAVEL】激揺れバスでヒマラヤ登山口

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】時代に合ったコンセプトカー

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日埼玉の人、ごめんなさい

    魔夜峰央「翔んで埼玉」映画に

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2シーターを楽しむジャガー

    2台目に欲しいスポーツカー

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+候補者なんと73人

    ナイジェリアの大統領選

  • 写真

    sippo倉庫の中で産まれた子猫

    新しい家で兄貴分に出会う

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報