メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

特産の石州和紙で絵本 島根県立大のサークル制作

写真:絵本を作った玉木さくらさん(中央)ら=浜田市野原町拡大絵本を作った玉木さくらさん(中央)ら=浜田市野原町

 【小林一茂】県立大生の絵本の読み聞かせサークル・ゆるりの会が、特産の石州和紙を使った絵本「きいてきいて! こうくんのひみつ」を作った。県が設立した公益信託「しまね女性ファンド」の助成を得て200部作製し、小中学校や図書館などに贈る。

 AB判32ページ。原料の楮(こうぞ)から名付けた和紙の「こうくん」が小鳥と一緒に、和紙が掛け軸や障子、クッションなどに使われていることを知って和紙の特徴を学び、将来なりたいものを探す話。絵は和紙でのちぎり絵を土台にした。職人の思いなども紹介している。

 和紙での絵本作りは、紙すき体験や職人への取材を通して、何かの形で和紙を紹介したいと思ったことがきっかけ。教官に相談し、企画は学内の産業コンテストで最優秀賞に選ばれた。市や絵本作家の協力も受けて、今月完成させた。

 会は2011年11月の結成。現在は約15人が浜田市の小学校に出向いて活動している。今月卒業した前部長の玉木さくらさん(22)は「絵本を通して、子どもたちが和紙に親しみを感じてくれたら」。

 読み聞かせや絵本の問い合わせは石央商工会(0855・42・0070)へ。

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ノスタルジックな写りも魅力

    遊べる防水「写ルンです」

  • 写真

    【&TRAVEL】シニアにも人気「ひとり旅」

    楽しむコツは?〈PR〉

  • 写真

    【&M】元素周期表がギネス世界記録

    東京エレクトロン

  • 写真

    【&w】旬野菜のスムージーが名物

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    ブック・アサヒ・コムのん「コミック感想文」

    辞書を作ることの魅力を知った

  • 写真

    WEBRONZA自立性こそ国際化教育の核

    世界に通用する教育に転換を

  • 写真

    アエラスタイルマガジン藤井聡太四段

    勝敗の鍵はネクタイの色!?

  • 写真

    T JAPANロシアという新しいモート

    ソビエト時代の記憶を投影

  • 写真

    ハフポスト日本版 ダイアナ元妃との最後の会話

    王子たちが明かす20年前の母の死

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報