メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

悪戦苦闘、田植えに歓声 高知・四万十の幡多農高

写真:どろんこになって昔ながらの田植えを体験する幡多農の3年生たち=四万十市古津賀拡大どろんこになって昔ながらの田植えを体験する幡多農の3年生たち=四万十市古津賀

 【菊池均】四万十市古津賀の県立幡多農業高校の実習水田で25日、3年生104人が昔ながらの手作業の田植えを体験した。総合的な学習で地域の仕事を学ぶ市立下田小学校の5年生6人と近くの住民11人も参加し、慣れない泥に悪戦苦闘しながら一帯に歓声を響かせた。

 実習水田では1985年に直接種子をまく方法に切り替わり生徒の田植え体験が途絶えていたが、卒業生から復活を求める声が上がり、96年に3年生全員による学校行事として再開した。

 実習水田90アールのうち、40アールは機械で植え付け、残り50アールは手作業でコシヒカリの苗を植えた。8月中、下旬に収穫した米は、11月に開く販売実習「はたのう市場」で店頭に並べる。

 アグリサイエンス科の山崎穂乃香(ほのか)さん(17)は「泥が足の指の間にぐにゃっと入って変な感触だった。小学生とスポーツの話をしながら植えて楽しかった」と話していた。

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】H・フォード主演最新作

    オリジナルTシャツプレゼント

  • 写真

    【&M】剱樹人と爪切男

    映像化作品の原作者対談

  • 写真

    【&w】ホテルディナーが当たる

    器やバッグ、人気コスメも

  • 写真

    好書好日パンの広く、奥深い世界へ

    パンシェルジュ検定の魅力

  • 写真

    論座ギャンブル依存症と貧困

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗×パーカー

    美しき定番のカタチ。<PR>

  • 写真

    T JAPAN片岡孝太郎から千之助へ

    新時代へ家の芸をつなぐ

  • 写真

    GLOBE+増える「観光客は迷惑」の声

    専門家が教える共生のヒント

  • 写真

    sippo置き去りにされた犬

    動物嫌いの少女の心を開く

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報