メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

なぎなた男子、もう一つの夏 京都・南陽高の久保亘さん

写真:インターハイに出場する女子部員と練習に励む久保亘さん(右)=京都府木津川市の府立南陽高校拡大インターハイに出場する女子部員と練習に励む久保亘さん(右)=京都府木津川市の府立南陽高校

 【佐藤剛志】女性の競技という印象の強いなぎなたで、高校日本一に輝いた「なぎなた男子」が府内にいる。府立南陽高校(木津川市)の久保亘(わたる)さん(17)だ。ただ、近く開かれる全国高校総合体育大会(インターハイ)のなぎなた競技に男子の枠はなく、3年生最後の夏、女子選手の応援に徹している。

 「メーン」「コテー」。蒸し風呂のような武道場に、気合の入った声が響いた。手にしたなぎなたの長さは約2メートル。向き合った2人が振り下ろすと、バシッと音をたててぶつかり合う。「もっと間合いを意識して」。インターハイを控えた女子選手を相手に久保さんのアドバイスが飛ぶ。

 南陽高のなぎなた部員は現在14人。うち女子が11人、男子は久保さんら3人だ。府内の高校では、京都精華女子(左京区)と日星(舞鶴市)にもなぎなた部があるが、男子部員は南陽にしかいない。全国高校体育連盟なぎなた専門部によると、高校生の競技人口は女子で千数百人、男子で百数十人ほどという。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】屋久島でイシガキダイを釣る

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】絲山秋子の新作を追う理由

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日外はカリカリ、中はふわっ

    かもめ食堂のシナモンロール

  • 写真

    論座津田梅子の苦闘と見果てぬ夢

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン

    こだわりの和食でじっくり接待

  • 写真

    T JAPANNYで話題のデザイナーズ壁紙

    色と柄の摩訶不思議な世界へ

  • 写真

    GLOBE+遊牧民の知恵、この一皿に

    食と暮らし世界ぐるり旅

  • 写真

    sippo橋の上にいたフラフラの子猫

    わが家の長男梵天丸との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報