メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

吹奏楽への思い語る 「あまちゃん」出演・優希美青さん

写真:インタビューに応じる優希美青さん=東京都目黒区、白井伸洋撮影拡大インタビューに応じる優希美青さん=東京都目黒区、白井伸洋撮影

写真:インタビューに応じる優希美青さん=東京都目黒区、白井伸洋撮影拡大インタビューに応じる優希美青さん=東京都目黒区、白井伸洋撮影

写真:小学校時代には吹奏楽部でクラリネットを担当した優希美青さん=東京都目黒区、白井伸洋撮影拡大小学校時代には吹奏楽部でクラリネットを担当した優希美青さん=東京都目黒区、白井伸洋撮影

写真:小学校時代には吹奏楽部でクラリネットを担当した優希美青さん=東京都目黒区、白井伸洋撮影拡大小学校時代には吹奏楽部でクラリネットを担当した優希美青さん=東京都目黒区、白井伸洋撮影

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演している中学2年のタレント、優希美青(ゆうきみお)さん(14)は吹奏楽部の出身。部活動の思い出、コンクールに臨む同世代へのエールに加え、ふるさとへの思いを聞いた。

吹奏楽ページ

     ◇

 小学校4年から中学1年の途中まで、吹奏楽をやっていました。担当はクラリネット。東京で本格的にお仕事を始めてからはやっていませんが、いまでも当時の友だちから「今日はあの曲を吹いたよ」といったメールが来ます。そのたびに「楽器、吹きたいなあ」と思います。「あまちゃん」のテーマ曲も吹いてみたいです。吹奏楽部がやったら、かっこいいですよね。

 小学校時代は毎年コンクールに出ていました。毎日午後4時から8時ごろまで練習して、疲れて晩ご飯を食べられないことも。でも、地区大会の結果はいつも銀賞か銅賞。悔しくて毎年泣いていました。それが、しばらくすると来年は頑張ろう、という前向きな気持ちに変わっていく。

 楽しかったんです。みんな言いたいことを言いあえる関係だったので。顧問の先生に反発して「やめよう」と思ったこともありましたが、「いまの私からクラリネットを取ったら、何が楽しいんだろう」と。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報