メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

龍舞息ピタリ、長官賞 兵庫商「龍獅團」、東京で公演へ

写真:「見た人が笑顔になる演技をしたい」と兵庫商業高校で練習する部員たち=神戸市北区鈴蘭台北町1丁目拡大「見た人が笑顔になる演技をしたい」と兵庫商業高校で練習する部員たち=神戸市北区鈴蘭台北町1丁目

 【榎本瑞希】神戸市立兵庫商業高校が、長崎県でひらかれていた全国高等学校総合文化祭(総文祭)で中国の伝統芸能「龍舞(りゅうまい)」を披露し、文化庁長官賞に輝いた。生徒たちは総文祭の舞台を「夢のような時間だった」と喜んでいる。

総文祭ページはこちら

 受賞したのは同高校のクラブ「龍獅團」。1988年に獅子舞をまう活動からスタートした。顧問の阪口智敬(ともひろ)教諭(47)によると、龍舞は中国古来のもので、月をあらわすといわれる玉を龍が追いかける様子を表現するという。

 総文祭の郷土芸能部門・伝承芸能で8月1日、22人の女子部員が演じた。全長約18メートルの布製の龍を棒で操り、縄跳びのように跳び越えたりして、力強く優美な動きを見せた。その動きに合わせて太鼓や笛などでリズミカルに演奏した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報