メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

(wktk@キャンパス)大きな家族 学生寮は宝

写真:班長・副班長会議で話し合いをリードする新寮長の服部千尋さん(右奥から2人目)=兵庫県西宮市、森桜子撮影拡大班長・副班長会議で話し合いをリードする新寮長の服部千尋さん(右奥から2人目)=兵庫県西宮市、森桜子撮影

■神戸女学院大学・メアリー・アンド・グレイス・ストウ学生寮

 緑あふれる神戸女学院大学(兵庫県西宮市)の最も奥に「メアリー・アンド・グレイス・ストウ学生寮」がある。私(森桜子)は寮生として、また新班長として暮らしている。まるで大きな家族のような、すてきな寮を紹介したい。

 神戸女学院大学は1875年に女子寄宿学校「女学校」として開校。寮は開校当初から、教育寮として現在まで歴史を積み上げてきた。現在は留学生4人を含む173人が生活する。部屋はトイレ付きで、ベッドや机、冷蔵庫なども備える個室だが、寮生のつながりは深い。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

おすすめ

合格どら焼きに合格あめ、せんべい……絵馬やダルマ付きなど、合格を祈るお菓子いろいろあります

日本では1973年から発売されているおなじみのロングセラーチョコ菓子

その名のとおり「天声人語」書き写し用ノート。実際の「天声人語」と同じ字数・行数になっている。紙面を切り抜いて貼り、1冊で1カ月分写せる

教育、研究、就職など、様々な分野での大学ランキングに関する書籍をご紹介

東大合格生のノートのとり方から生まれた、「美しく書く」をサポートするノート

『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の作者、山田真哉さんの小説。漫画化、ドラマ化も

注目コンテンツ

学校最新情報